カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

気になる病気・症状

ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

今Twitterなどで話題になっているのが重曹歯磨きです。普通の歯磨きとどんなところが違うのか、重曹歯磨きはどんなふうに行ったらよいのかを見ていきます。

 

●重曹の力と歯磨きの効果

重曹はもともと重炭酸ナトリウムという名前で、食用や工業用にさまざまなものが販売されています。馴染み深いところでは、お菓子を作るときに入れるベーキングパウダーなどがあります。医療用の重曹では胃酸を抑えるという働きもあります。

 

重曹は弱アルカリ性で、歯磨きと関係のある部分では、研磨作用があるのでホワイトニングできる、虫歯の原因である酸をアルカリで中和して虫歯予防が出来るといわれています。

 

●重曹歯磨きのやり方

重曹歯磨きのやり方は非常に簡単で食用の重曹に濡らした歯ブラシの先をつけて、それで歯を磨くというだけです。重曹はあくまでも濡らした歯ブラシに自然についてきた量だけにしてください。

 

また、ペースト状にするために、ハッカ油とグリセリンを重曹に混ぜて重曹歯磨き粉を作っている方もいます。他にも重曹と塩を1:1で混ぜて歯磨きをする場合もあり、いずれにしても重曹を少量使って歯磨きすることを守ればOKです。

 

●重曹歯磨きの注意点

重曹は歯のホワイトニング、虫歯予防に効果的ですが一方でデメリットもあります。それは強い研磨作用によって歯のエナメル質が削られ、歯が傷ついてしまうというデメリットです。

 

歯を傷つけずにホワイトニングや虫歯予防をするためには、重曹歯磨きを週3回以内に抑えること、1度に大量に重曹を使わないことがポイントとなります。

 

重曹歯磨きは重曹のアルカリ性によって虫歯の酸を中和するといわれる効果、研磨作用によって歯の汚れを取ってホワイトニングする効果を持っています。

 

ただし、歯のエナメル質を傷つける可能性があるので、重曹歯磨きは最大でも週3回までにとどめておいてください。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

歯周病の歯茎は血を出すべき!?

歯磨きや歯石取りをおこなったとき、歯周病の傾向があるとびっくりするほど歯茎か...

口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...


効果的な歯みがきは自分に合った歯ブラシ選びが大切!~歯ブラシの種類と特徴~

    毎日の歯磨き、十分にできている自信がありますか?正しい効果的な歯...

意外と知らない!上手な歯磨きのポイント

意外と知らない!上手な歯磨きのポイント■歯磨きのコツ虫歯や歯周病を予防するために...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る