カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 重曹うがいが虫歯予防に役立つ仕組みとは?

気になる病気・症状

重曹うがいが虫歯予防に役立つ仕組みとは?

シフォンケーキやパウンドケーキなどケーキ作りに欠かせない材料のひとつが重曹です。ベーキングパウダーという名前で覚えている方も多いと思いますが、その重曹が実は虫歯予防に役立つのです。

 

●重曹で虫歯予防できる理由

重曹で虫歯予防できる理由を知るにはまず虫歯の出来方を知りましょう。虫歯が出来るのは酸化物があるからです。酸化物は食べかすから作られ、歯を蝕んでそのうちに痛みなどを引き起こします。

ポイントとなるのは虫歯は酸性ということ、一方重曹はアルカリ性ということです。酸とアルカリは合わされば中和されるので酸性の虫歯はアルカリ性の重曹で中和されると言われています。

酸性とアルカリ性の中和が重曹で虫歯予防できる仕組みで、すでに出来てしまった虫歯の進行を止められるのも重曹のメリットのひとつです。

 

●重曹うがいならではの魅力

重曹を使って口内環境を整える方法には重曹歯磨きがあります。重曹歯磨きも重曹うがい同様人気を集めていますが、重曹歯磨きの場合は水で重曹が薄まっていない状態で歯のエナメル質を傷つけやすいというデメリットがあります。

重曹うがいの場合は重曹歯磨きに比べると歯に直接重曹がつかないので歯のエナメル質を傷つけずに虫歯予防・口臭予防が出来るという魅力があります。

 

●重曹うがいのやり方

重曹うがいのためにまずはうがい液を作っていきます。水100㏄に対して2.5g程度の重曹を入れ、スプーンなどでよく混ぜて重曹を完全に溶かします。

次に重曹を入れたうがい液を口に含んで30秒ほどを口の中でくちゅくちゅとうがいをしたら、終了です。

重曹歯磨きの場合は週3回程度の頻度で行わないと歯のエナメル質が傷ついてしまいますが重曹うがいの場合は頻度に関する注意は特にありません。

 

重曹はアルカリ性で、酸性の虫歯を中和する働きによって虫歯予防や初期の虫歯の進行予防が可能です。重曹うがいは頻度の制限もなく、簡単にうがい液を作ることができるという点からも人気です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/01/12-033066.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

今Twitterなどで話題になっているのが重曹歯磨きです。普通の歯磨きとどんな...

歯医者に長年行ってない方要注意!見逃さないでほしい歯周病初期症状

  歯周病は初期にはほとんど症状が出ない病気としても知られています。症状が出て...


知っておきたい酸蝕歯の2つの治療

酸蝕歯は歯が酸によって溶けた状態で、酸蝕歯になっている歯を持つ方は酸蝕症という...

電動歯ブラシのヘッド交換時期はいつ?

  電動歯ブラシを使う人が増えています。付属でついてくるヘッドはわずかです...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る