カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 低温やけど >
  5. 暖房器具以外にもこんなものが低温やけどの原因に!?注意したいおうちの環境

育児・子供の病気

暖房器具以外にもこんなものが低温やけどの原因に!?注意したいおうちの環境

赤ちゃんのやけどの9割は家庭内で起きています。
赤ちゃんは6ヶ月を過ぎると自分で動けるようになってきますから、この時期から、やけどなどの事故が急増します。
赤ちゃんにやけどをさせない環境づくりは大切ですが、意外なものが赤ちゃんのやけどにつながることがあります。

  

高温で目に見えるような炎症があらわれるやけども赤ちゃんには怖いものですが、動けるとは言っても、身体機能が十分ではない赤ちゃんは低温やけどの危険も高いです。
そのため親御さんは低温やけどの危険も知っておくべきです。

 

ホットカーペットや湯たんぽに注意!

赤ちゃんのためと思って、寒い時期に使いがちなのがホットカーペットや湯たんぽです。
確かに赤ちゃんを寒さから守ろうとしてこうした器具を使うのは、間違っているわけではありません。
ですが、長期間同じところをずっと温め続けてしまうと皮膚の薄い赤ちゃんは、私たちが思っているよりもすぐに低温やけどの状態になってしまうのです。

 

パソコンや携帯電話も低音やけどの原因に!?

暖房器具は大人でも同じところをずっと温めていると皮膚の熱さを感じることがありますから、低温やけどの可能性を想像できるかもしれません。

それ以外にも低温やけどを起こすものとして、パソコンや携帯電話が挙げられます。
パソコンを赤ちゃんの手の届くところにおいておくということはあまりないと思いますが、好奇心旺盛な赤ちゃんは知らない内にパソコンに手を伸ばしてしまう可能性があります。

また、携帯電話、特にスマートフォンは熱を持ちやすい性質があります。
赤ちゃんは親御さんの持っているものに興味を示しますから、そうしたものにずっと肌が触れていると低温やけどを生じる可能性があります。

  

赤ちゃんの低温やけどは思っている以上に早く生じます。
ほんの少しの時間だからといって赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/06/20-337990.php?category=51]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけどに関する記事

危険!子どもの低温やけど! 事前に出来る☆お部屋での予防法

自分で歩き回るようになると、大人の気持ちとは裏腹に子どもはドンドン進んで歩きま...

子どもの低温やけどの原因&予防とは?

冬に多く起こる、低温やけど!これは、毎日生活する我が家に潜んでおり、身近に使う...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

低温やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る