カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 妊娠中、胃腸炎やノロウイルスになった!妊婦さんが胃腸炎になった時の胎児への影響

妊娠・出産

妊娠中、胃腸炎やノロウイルスになった!妊婦さんが胃腸炎になった時の胎児への影響

胃腸炎の予防には、手洗いやうがいが必須です!特に妊婦さんは免疫力が下がっていることもあり、感染症になりやすくなっています。

もし家庭や職場内に胃腸炎に感染した人がいれば、その人の嘔吐物や下痢の処理には、十分気をつけるようにしましょう。

 

ただ、どれだけ胃腸炎に予防をしていたとしても、ウイルスが体の中に入り込み、胃腸炎にかかってしまうリスクはどこにでも存在します。

出かけた先に、ノロウイルスの潜伏期間者がいたなど、自分では想像もしないところでウイルスに感染する可能性もあるのです。今回は、妊娠中に胃腸炎やノロウイルスになった時の胎児への影響についてご紹介します。

 

注意が必要な下痢の症状や状態

下痢の症状もその時の原因によって症状は様々です。胃腸炎やノロウイルスが感染した場合は、下痢の症状とともに激痛が伴う場合があります。

 

また下痢も水のようなサラサラした便になるのが特徴。水様便と呼ばれるもので、食べた物がすぐに出来てきてしまうような状態になります。 

 

ノロウイルスと胎児への影響

感染性胃腸炎の中でも、劇症型の症状が特徴的なノロウイルス。ノロウイルスは、その下痢と嘔吐の壮絶さから、胎児に何か影響があるのではないかと思われがちです。

 

しかし、ノロウイルスに感染したからと言って胎児に影響を及ぼしたり、胎児奇形の原因になったりすることはありません。そのため、お母さんはまずはしっかりと完治させることに集中してください。

 

胃腸炎の予防

胃腸炎にならないためには、どのような予防法があるのでしょうか。胃腸炎は、日ごろのささいな習慣で防ぐこともできます。妊娠中は、特に気を付けて行動しましょう。

 

・手洗い、うがいをする

・体をあたためる

・食品をしかっり加熱する

・調理器具を消毒する

・部屋を清潔にする

・乾燥を避ける

・疲れを残さない

 

受診は産科でOK?

注意していても免疫力が低下して、胃腸炎になってしまうことがあります。先輩ママの体験談などを聞いてみると、妊娠中に感染性胃腸炎にかかってしまったという意見は多く目にしました。

 

ただし、感染性の胃腸炎の場合は、産科に行けなかったという方は多いようです。産科での集団感染の可能性を考えてNGとする病院もあるので、事前に連絡してからの方がおすすめ。

なお、ノロウイルスの場合には特に特効薬がありませんので、病院に行ったとしてもできることは水分補給か整腸剤の処方だけです。自宅で安静に過ごすという対処するという方も多いです。 

 

妊娠中に胃腸炎にかかったら

妊娠中に胃腸炎にかかったらまず脱水症状に気を付けてください。これは妊娠中以外に胃腸炎にかかったときにも言えることです。

下痢と嘔吐を繰り返していると体中の水分がどんどん抜けていきますので、水分は適切に補給するように気をつけましょう。普通の水ではなく、経口補水液を摂取することで脱水症状を回避できます。

 

なお、経口補水液は吸収がよくなるため、常温での摂取がおすすめです。ノロウイルスの場合は、病院でできる処置が限られています。家で、脱水症状を回避しながら過ごすという治療も、選択肢のひとつです。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

妊娠中の伝染性紅斑(リンゴ病)は早産や死産のリスク

伝染性紅斑(リンゴ病)は、頬がリンゴのように赤く腫れのが特徴。その症状から「リン...

クラミジアに感染した!?妊婦にとって大敵な感染症です!

妊妊娠中は、クラミジアに感染しているかの必ず検査をします。妊婦さんにとって、クラ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る