カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 神経痛が酷くなる前にちょっとした一工夫を!

関節痛・腰痛

神経痛が酷くなる前にちょっとした一工夫を!

 

年齢に関係なく、誰しもが発症の危険がある神経痛ですが、できることなら経験したくはないですよね?そこでこちらでは日頃のちょっとした一工夫で行える効果的な予防法をご紹介します。

 

 

◆ちょっとした工夫で神経痛を遠ざけよう!

老化や疾患そして外傷などの原因で末梢神経が刺激されて生じる痛みを神経痛と言いますが、その原因は様々なものがあるため、原因が何であるか診断できない場合も多く、根本的に効果的な予防はなかなかできないとされています。

 

しかし、普段の日常生活の中でちょっとした工夫をすることで神経痛の予防に繋がったり、痛みを軽減することはできるはずです。

 

例えば、坐骨神経痛の代表的な原因としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が挙げられます。こうした場合には柔軟性や身体のバランスを保つためのストレッチなどで、背骨の関節や椎間板への負荷を減らすことが、予防に繋がるでしょう。

 

また、身体が歪んでいると生じやすいとされている肋間神経痛では、普段から正しい姿勢を保ったり、胸や背中に負担をかけ過ぎないように意識すると効果的でしょう。しかし、肋間神経痛を既に発症してしまっている場合には、痛みを悪化させないように咳やくしゃみの際に気をつけるといった細かな配慮を積み重ねると良いでしょう。

 

 

◆まずは体を労ることから始めよう!

冒頭でも述べましたように、神経痛は年齢を問わず誰でも発症する恐れがある病気の1つです。

 

ですから、食事や運動などの生活習慣に気をつけることはもちろんですが、無理は神経痛にとっては禁物です。自分の体を労る気持ちこそが、神経痛を防ぐ一番の方法と言えるのではないでしょうか。一度自分のライフスタイルを見直し、そして体を労る健康生活を目指してみてはどうですか?

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/24-361198.php])

 

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

暮らしの工夫に関する記事

寝具を工夫して坐骨神経痛を改善!

  私達人間は、日中に酷使して蓄積した筋肉のこわばりを、寝ている時の寝返り...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る