カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. リハビリ(神経痛) >
  5. 坐骨神経痛のリハビリはどうやるの?

関節痛・腰痛

坐骨神経痛のリハビリはどうやるの?

 

坐骨神経痛の治療ではリハビリがよく行われますが、どのような方法がリハビリに採用されていのか気になりますよね?

 

こちらでは坐骨神経痛のリハビリについてご紹介します。

 

◆坐骨神経痛の特徴

まず最初に知っておかなければならないのは、坐骨神経痛では様々な症状を訴える色々な患者さんがいるということです。腰の痛みはもちろん、足に生じる痺れやつっぱり感などで歩くことすらままならない時もあるとおっしゃる患者さんもいます。

 

これらの症状を引き起こす原因が医学的な治療で取り除くことができる場合には当然改善も期待できます。

しかし、坐骨神経痛を引き起こす原因が変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの老化にともなって現れる症状であることも少なくはないので、痛みが取れずなかなか完治しないのが現状です。

 

このように完治が難しいとされる坐骨神経痛の治療では、痛みなどの苦痛を緩和するための対処療法と、改善するためのリハビリを併用することが多いです。

 

 

◆どんなリハビリをするの?

筋肉をほぐすだけでなく、筋力を付けることを目的とするものの他に、電気療法や牽引といった方法がリハビリで行われています。

 

体を伸ばすときや歩くときなどに痛みを感じやすいのが坐骨神経痛の悩ましいところなのですが、リハビリでは体を伸ばしたり歩いたりすることでその刺激に慣れさせ、痛みを感じる頻度を軽減させることを目的をしています

 

こういった坐骨神経痛のリハビリの効果を最大限に引き伸ばすためにも、日常生活に注意するのはもちろん、病院から帰宅してからのリハビリも大切だと言えます。リハビリで症状が改善され始めたら、軽い散歩などの適度な運動をされてみてはいかがでしょうか。

 

リハビリは決して劇的な効果を期待できるものではありませんが、自分の体と相談しながら焦らず、そして無理なくリハビリを続ければ症状は良い方向に向かっていきますから、ゆっくり構えて頑張ると良いですね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/05/20-378477.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(神経痛)に関する記事

肋間神経痛後のリハビリとは? 暖めることで血行をよくする!

  原因が不明ではあるものの、冷えや凝り、そしてストレスなどが複合的に絡ん...

神経痛の 簡単にできるリハビリって?身体に負荷をかけない治療

  神経痛の症状が現れた時には、薬物療法や神経ブロック療法などが改善策とし...

カラダノートひろば

リハビリ(神経痛)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る