カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節リウマチの痛みを抑える薬~消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤~

関節痛・腰痛

関節リウマチの痛みを抑える薬~消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤~

 

関節に持続性のある炎症が生じることで腫れや痛みを伴い、最終的には関節が破壊され、変形してしまう病気である関節リウマチ。もちろんその痛みは激しいものですから、痛み止めなどを処方して貰う必要があります。

 

こちらでは関節リウマチの治療で用いられる薬の数々をご紹介します。

 

◆消炎鎮痛薬(NSAIDs)

関節の腫れや痛みを和らげる効果がある消炎鎮痛薬の中でも特に、非ステロイド性のものは英語の綴りの頭文字からNSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる場合もあります。

 

速効性はあるものの、関節リウマチの腫れや痛みの原因となっている炎症を根本的に取り除くことは不可能です。

 

関節リウマチの患者さんは関節の腫れや痛みに長時間悩まされていることから、消炎鎮痛薬を継続的に服用することがあります。そういった場合には、副作用として現れる胃潰瘍や十二指腸潰瘍に注意しなければなりません。

 

 

◆抗リウマチ薬(DMARDs)

関節リウマチの原因である免疫の異常に作用する抗リウマチ薬(DMARDs)(ディーマーズ)は、病気の進行を抑える働きがあるとされています。現在の関節リウマチの治療においてまず処方されるのはこの抗リウマチ薬です。

 

しかし、一般的に1ヶ月~半年経たなければ効果は現れませんので、上記の消炎鎮痛薬を併用することが多いです。効果が十分に得られない時には複数の抗リウマチ薬を服用したり、他のリウマチ薬に切り替えたりします。

 

 

◆ステロイド

炎症を抑える働きが非常に強力で、関節の腫れや痛みを緩和する作用のあるステロイドは、以上で紹介した消炎鎮痛薬や抗リウマチ薬を使用しても、炎症が十分に抑えられなかった場合に用いられます。

 

しかし、テロイドの服用を中止した途端に治まっていた症状が再発するため、一度服用し始めると、中々使用をやめることができなくなります。ただし、抗リウマチ薬や生物学的製剤の効果が十分に現れた時には、中止することが可能です。

 

◆生物学的製剤

近年関節リウマチの治療に用いられるようになった新しい治療薬として生物学的製剤が挙げられます。炎症をおこす原因や、関節破壊の進行を抑えるのに効果的で、抗リウマチ薬での効果が不十分だった場合に使用されることが多いです。

 

以上が関節リウマチの腫れや痛みといった症状に効果があるとされている薬の数々です。それぞれに期待できる効果は異なりますので、医師とよく相談してしょほうしてもらいましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

リウマチの薬に副作用はあるの?それぞれの薬の副作用まとめ

薬を飲むときに心配なもののひとつが副作用です。病気に対する作用の他に、副作用...

リウマチが原因となって起こることも!間質性肺炎とリウマチ薬について

 リウマチが原因となって起こる病気に間質性肺炎があります。間質性肺炎と抗リウ...


「進行を食い止める」「生活の質を維持する」ためのリウマチ治療法3つ!

リウマチの治療の目標は『進行を食い止めること』『生活の質を落とさないこと』の...

関節リウマチに聞く生物学的製剤の特徴

関節リウマチは、自己の免疫機能が暴走し関節部分を傷つける大変深刻な病気です。自己...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る