カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 関節リウマチの痛みを抑えるのに効果的な生物学的製剤って何?

関節痛・腰痛

関節リウマチの痛みを抑えるのに効果的な生物学的製剤って何?

 

最近になり関節リウマチの治療に用いられるようになってきた新薬で生物学的製剤というものがあります

 

こちらではその生物学的製剤とは何かということを理解していただくために、簡単にまとめてみましたので、気になる方は是非ご覧になってくださいね。

 

◆どんな種類があるの?

関節リウマチの治療に使用される生物学的製剤は、その作用が働く対象の違いによって

・IL-6の働きを妨げるもの

・TNFαの働きを妨げるもの

・Tリンパ球の働きを抑えるもの

の3種類に分けられます。

(※IL-6、TNFα、Tリンパ球などは炎症を抑えるサイトカインと呼ばれる物質です。サイトカインは本来身体を正常に機能させるのに必要なタンパク質ですが、体内で炎症が生じた時にも多く生成され、これが関節の軟骨や骨の細胞に結合すると、結果的に炎症を悪化させることになります。ですから生物学的製剤によってその結合を妨げるというわけなんですね。)

 

◆投与方法

生物学的製剤は点滴または皮下注射などの注射で投与されます。また、投与する間隔は週に2回するもの、2ヶ月に1回の投与で済むものと薬の種類によって様々です。

 

◆誰にでも投与できるの?

生物学的製剤は抗リウマチ薬を投与しても効果が十分に見られなかった患者さんに投与されますが、重い感染症などにかかっている方には投与できないといった決まりがありますので、投与できるか否かは医師に相談するとよいでしょう。

 

◆副作用はある?

免疫の働きを抑える薬ですから、肺炎や結核などの感染症にかかってしまう場合がありますので注意が必要です。また、投与した際に薬が体質に合わないといったことからアレルギー反応が現れることもあります。

 

 

以上が生物学的製剤の簡単な特徴になります。炎症の原因に根本的に作用する働きがあり十分な効果が見込めますが、副作用等がありますので服用の際には医師と十分に相談して下さい。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/08-351159.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

飲んで効く!新しい抗リウマチ薬ゼルヤンツ

  関節リウマチの治療薬として、新しい薬「ゼルヤンツ」が注目されています。...

リウマチかどうか?検査方法~血液検査・尿検査・関節液検査・レントゲン検査

 リウマチかどうかはいくつかの検査と問診によってわかります。血液検査・尿検査...


関節リウマチの治療に使われるアザルファジンの特徴

  関節リウマチは身体の免疫系の病気で、関節の腫れや痛みを伴う病気です。こ...

リウマチに悩む方の強いミカタ!つらい痛みを和らげる2つのお薬とは?

リウマチの治療の基本と、痛みを和らげるために使われる2種類の薬、ステロイド薬...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る