カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 基礎体温 >
  4. 月経は例えるとベビーベットを廃棄処分すること!?

女性のカラダの悩み

月経は例えるとベビーベットを廃棄処分すること!?

正直言って、毎月面倒な月経。。

その毎月の出血はどうして起こるのでしょうか?

 

まず、黄体ホルモンは、妊娠できる状態を整えるため、子宮内膜を少しずつ厚くしていきます。

たとえるなら、赤ちゃんのためにふかふかのベッドを子宮の中に準備していると想像してみてください。

この子宮内膜は卵子と精子が出会って受精すると、受精卵を育てるために使われます。

 

でも、妊娠しないとふかふかのベッドは必要ないので、血液とともに体外に排出されます。

つまりこれが月経で、月経は厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちる現象なのです。

 

女性のカラダの仕組み

・子宮

赤ちゃんを育てるための部屋で、普段は鶏卵くらいのサイズですが、臨月のころには直径が30~35cmまで伸びます。

子宮の中は子宮内膜という粘膜で覆われていて、妊娠に備えて約ひと月で厚くなりますが、妊娠しないと経血と一緒に排出されます。

 

・卵管

子宮の上から卵巣に向かって伸びる管で、卵子と精子、および受精卵の通り道です。

 

・卵管采

排卵により卵巣から飛び出した卵子をキャッチします。

 

・卵巣

子宮の外側にあって、卵子のもととなる原始卵胞がつまっています。

卵巣では女性ホルモンをはじめ、いくつかのホルモンを分泌しています。

 

・子宮頸管

子宮の入り口。

出産のときは赤ちゃんの通り道になります。

 

・膣

外陰部の膣口から子宮をつなぐ器官で伸縮性があり、出産のときには広がって赤ちゃんの通り道になります。

普段はおりものや経血の通り道でもあります。

(Photo by 執筆者)

著者: ひなさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎体温に関する記事

生理痛対策グッズを使いこなそう!(1) 婦人用体温計

便利なアイテムを活用して、生理痛を楽にする方法をご紹介します。 自分の体のリズ...

基礎体温を計って生理痛を予防!

基礎体温を知ることは、女性の体調を知る上で非常に重要です。 特に生理前、生理中...


何のために基礎体温をつけるの?ホルモンで変化する女性の体

基礎体温は、避妊したいときや、妊娠を考えたらつけるものと思い込んでいませんか...

「基礎体温」どれだけ大事か知ってる?

からだのリズムを把握する 基礎体温は、「妊娠したい人や避妊したい人が測るもの」...

カラダノートひろば

基礎体温の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る