カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. リハビリ(関節リウマチ) >
  5. 関節リウマチのリハビリでは関節保護が基本!

関節痛・腰痛

関節リウマチのリハビリでは関節保護が基本!

 

関節リウマチのリハビリにおいて作業療法とは、早期だけではなく進行期に至るまでといった全ての病気に対応する様々な役割を担っています。

 

また、進行性の疾患であるリウマチでは、病勢や関節の状態だけではなく、服用している薬や患者さんの生活状況や住宅環境なども含めた全体像を把握することで、時と場合に応じた訓練と指導を細やかに行う必要があります。

 

基本的には過度な負担を避けながら動作を行うことで、ADL(日常生活を送る上で普通に行う、食事や排泄、移動、入浴といった基本的な動作である日常生活動作をさす)を維持し、患者さん自身による生活の質を低下させないことが目標になります。

 

こちらではADLを維持するために必要な対応や注意点などについてご紹介します。

 

 

◆関節保護が基本

リウマチが進行する経過において、その症状は良くなったり悪くなったりしますが、関節破壊やそれによる変形は一度起こってしまえば治らず、関節機能障害として残り、ADLを低下させてしまいます。

 

ですから、リウマチの活動性に関わらず、常に関節への負担を最小限に留めるような動作を行うことで、痛みを抑えるという関節保護に注意する必要があります

 

◆早期治療と具体的指導が大切に

関節リウマチでは、関節や骨の破壊や変形がまだ目立たない早期の段階での関節保護が必要になってきますが、早期の患者さんには関節保護と言っても理解されにくいだけではなく、受け入れられにくい場合も稀ではありません。ですから、その人の生活の流れに沿った具体的な方法を提示する必要が出てきます。

 

また、リウマチの患者さんの層は30~50歳代の女性に多いことからわかるように、家庭の家事を担っている方が多いですから、家事動作についてもADLと同様に注意が必要となってきます。家事の場面での負担のかかりにくい手の使い方や、包丁などの道具のアドバイスを行うといいかもしれませんね。

 

◆対処法を身につけてもらう

はやり患者さん自身が考え、対応できるように配慮することも必要になります。痛みに様々な種類があるように、その対処法もそれぞれで異なってきます。

自発痛の場合だとリウマチが原因であるが高く、関節の固定や医師による薬の調整が必要となります。

筋肉痛の場合だと、運動による負担が大きすぎることが原因と考えられますので、負担を減らすといった対応が重要になります。これらを一緒に考え、対処法を身につけてもらうと良いでしょう。

 

以上が関節リウマチにおける関節保護でのADLの維持の仕方になります。この他にも様々な方法がありますので、どういった方法をとるかは医師とよく相談して決めるようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/04-375996.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(関節リウマチ)に関する記事

関節リウマチのリハビリ~日常生活でも無理のない運動をしよう

  関節リウマチという病気には、急性期(炎症による腫れや痛みが激しい時期)と慢...

リウマチだけど仕事を続けたい!リウマチの人が仕事で気を付けるべきこと3つ

  リウマチになっても仕事を続けることができる方が多くいます。 完璧に関...


簡単!自宅でできる「リウマチ体操」で関節リウマチのリハビリを!

  自宅で簡単に取り組める「リハビリ体操」の基本的な動きを、部位ごとに紹介...

生活の質を高める!関節リウマチのリハビリとは?

  関節リウマチの治療では、リハビリが重要な位置を占めます。時に痛みや疲労...

カラダノートひろば

リハビリ(関節リウマチ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る