カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 原因 >
  5. 関節リウマチの痛みの原因は「滑膜の炎症」にあった?関節の仕組みと働き

関節痛・腰痛

関節リウマチの痛みの原因は「滑膜の炎症」にあった?関節の仕組みと働き

 

◆痛みの原因は「炎症」

関節リウマチの特徴として関節の腫れや痛みと言った症状が挙げられますが、この腫れと痛みは関節に起こる炎症が原因となって生じています

この「炎症反応」とは組織が傷ついた際に修復を行おうとする防御反応の1つです。

 

体内に細菌などの異物が侵入した時にも、その異物を排除してしまうまではこの炎症反応が継続します。

ただし、関節リウマチの場合だと、本来は細菌やウイルスなどの異物から身体を守る働きである「免疫」が自分自身を攻撃し、関節に炎症を引き起こしているということに注意しなくてはなりません。

 

◆関節の仕組みと働き

まず、関節とは骨と骨をつなぐ部分のことで、全部で68個の関節が身体にありますが、構造は全て共通しています。

 

硬い骨と骨とが直接ぶつかり合わないように、関節腔と呼ばれる僅かな隙間は滑液という粘り気のある関節液で満たされており、骨の先端部を弾力のある軟骨が覆ってクッションの役割を果たしています。

この軟骨は80%が水で占められている柔らかい骨で、コラーゲンという繊維成分を含むことで強さを保持しています。

しかし、この軟骨は加齢や体重の増加によってすり減るといった変化が生じます。

 

関節全体は関節胞に包まれており、その内側にある滑膜が関節液を分泌することで、関節の動きを円滑にして栄養を補給しています。この滑膜に炎症が生じると関節に腫れや痛みが生じます

 

◆滑膜の炎症

滑膜の炎症は免疫細胞が自分自身への攻撃を開始することで引き起こされます。

 

(1)T細胞や好中球を始めとする免疫細胞が滑膜の中に入り込む

(2)リウマチ因子が滑膜の中に現れ、関節液にこぼれ出す

(3)そしてそのリウマチ因子はIgGと呼ばれる抗体と結びつくことで「免疫複合体」に変化し、さらに複体というタンパク質と結びつき、好中球やマクロファージを呼び寄せる

(4)好中球はライソゾームやプロスタグランジンという物質を出すことで「免疫複合体」を攻撃し始める

 

これらの物質や酵素は滑膜に炎症を起こすだけではなく、骨や軟骨を破壊してしまいます。多くの関節液が分泌されることにより関節には痛みを伴う腫れは生じます。T細胞やB細胞が攻撃に加われば、さらに炎症が進み、慢性化してしまいます。

 

以上から関節リウマチでは「免疫細胞による関節への攻撃によって炎症が生じ、その炎症が痛みや腫れの原因となっている」ことがわかります。

 

滑膜の炎症が慢性化してしまうと、徐々に関節が変形してしまいます。骨の破壊や変形は一度生じてしまうと元には戻せないため、早期発見・早期治療を行い炎症を食い止めることが大切になってきます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/31-375845.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

リウマチになりやすい遺伝子がある!

  遺伝子の研究は日々、進んでいます。人間とサルの遺伝子の違い、特定の病気...

リウマチの原因は人種によって違う?

  関節リウマチとは手足の関節が変形したり、関節の腫れによって痛みが起きる...


女性は関節リウマチになりやすい?!女性ホルモンとリウマチ

  関節リウマチの患者の男女比を見てみると、女性が8割くらいいるということがわ...

膝などの関節の痛みの原因はリウマチ?関節リウマチの特徴と原因

  「指や、手首そして膝などの左右両方に腫れや痛みがある…」 「安静にし...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る