カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 気管支炎 >
  5. RSウイルス感染症での漢方処方について

気になる病気・症状

RSウイルス感染症での漢方処方について

 

RSウイルスは、発熱と鼻水、咳が典型的な症状です。特効薬がないため、その症状を抑える薬が対処療法として処方されます。こうした症状の緩和には、漢方薬も効果的です。

 

小青竜湯(しょうせいいりゅうとう)

 

ハンゲやカンキョウ、カンゾウ、ケイヒ、マオウなどを配合した漢方薬で、たんを伴う咳や鼻水、気管支炎などに効果があるとされています。

 

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

 

ぜいぜいいうような呼吸の苦しい咳や気管支炎に用いられる漢方です。セッコウ、キョウニン、マオウ、カンゾウが配合されています。のどの渇きにも効果があります。

 

葛根湯(かっこんとう)

 

比較的なじみの深い漢方ですが、風邪のひき始めには効果的です。カッコン、タイソウ、マオウ、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、ショウキョウが配合されており、血行をよくします。鼻水にも効果があるとされています。

 

 

これら漢方は、2歳以下の小児には使用してはいけません。また、ドラッグストアなどでも販売されていますが、自己判断で使用する際には、十分な注意が必要です。漢方薬は自分の体力等とのバランスで効果を発揮するため、体力が低下している場合には、効果がないばかりか悪影響がある場合もあるのです。こうした漢方を処方する医師に十分な説明を受けた上で、きちんと用法を守って服用しましょう

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/23-025135.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

気管支炎に関する記事

広範囲に広がるびまん性汎細気管支炎

    びまん性汎細気管支炎のびまん性とは、その病変が広範囲に及ぶことを意味...

びまん性汎細気管支炎とは?

びまん性汎細気管支炎   びまん性汎細気管支炎とは気道と肺胞の境界にあた...


気管支炎の人が積極的に摂取したい食べ物

気管支炎で辛いときでもしっかりと栄養を摂った方が良いのですが、どうせなら気管...

びまん性汎細気管支炎は難病

  びまん性汎細気管支炎は、気管支が枝分かれしてだんだん細くなり、肺胞に入...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る