カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 気管支炎 >
  5. RSウイルスに感染しやすい環境とは?

気になる病気・症状

RSウイルスに感染しやすい環境とは?

 

RSウイルスの感染は、飛沫と接触感染の両方でおきます。そのため、感染しやすい環境があります。

 

 

RSウイルスの感染経路

 

RSウイルスは、つぎのような条件で感染します。

 

1.ウイルスを含む咳の飛沫が直接口に入る

2.咳き込んだときに手などに飛沫がつき、その手で他の人に触れる他の人の食事に触れる

3.飛沫がテーブルや食器等につき、食事を介して口からウイルスが入る

 

1では主に、顔を覗き込んだ状態で咳をする、などが考えられます。赤ちゃんをだっこする、寝ている高齢者に声をかける、などは、典型的な状況です。また、面と向って話をしているときに咳き込む、なども考えられます。

 

マスクの着用が大切

 

RSウイルスは、自覚症状のない潜伏期間であっても感染を広げるといわれています。そのため、何気ないくしゃみなどを手で押さえ、その手をすぐに洗わなかった場合、手で触った場所から感染が起こる可能性があります。食事の用意をする人が感染していた場合には、その確率が高くなります。

 

衛生的な食事の用意

 

RSウイルスの感染は、口から入ってくる場合が多いため、食事の準備に注意が必要です。学校給食や高齢者施設等の食事では、感染を広げやすい環境があるため、十分に注意しましょう。食事するテーブルなどをきちんと拭き上げる、手をアルコール消毒してから食品に触れる、箸や皿等を出しっぱなしにしない、といった注意も、感染防止に効果的です。

 

 

乳幼児や免疫力が低下している高齢者では、重篤化する心配があります。気密性の高い部屋では集団発生する確率も高まります。こうした状況にいる方は、RSウイルスの感染には十分注意し、感染拡大を予防しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/06/09-022028.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

気管支炎に関する記事

重症化すると気管支炎にも?RSウイルス感染症について

  RSウイルス感染症は、いわゆる風邪の原因の一つです。毎年11月から1月...

びまん性汎細気管支炎は難病

  びまん性汎細気管支炎は、気管支が枝分かれしてだんだん細くなり、肺胞に入...


広範囲に広がるびまん性汎細気管支炎

    びまん性汎細気管支炎のびまん性とは、その病変が広範囲に及ぶことを意味...

気管支炎の症状・治療~乳幼児の 気管支炎には注意!~

気管支炎とは 気管支炎はCOPDと呼ばれています。近年の増加で死亡率も高く...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る