カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 対処法 >
  6. 生理前のイライラをすっきり解消!これはPMS(月経前症候群・月経前緊張症)?

女性のカラダの悩み

生理前のイライラをすっきり解消!これはPMS(月経前症候群・月経前緊張症)?

イライラする、やる気がしない、情緒不安定…。そんな生理前の心の不調は女性ホルモンの減少が原因の可能性があります。

 

月経前にさまざまな症状が現れるPMS(月経前症候群・月経前緊張症)。

その症状は実にさまざまで、全体はまだ把握されていないとも言われています。

大きくは心理的・身体的・社会的トラブルに分類することができるようです。

 

ここでは、生理前のイライラの原因や症状を見ていきましょう。

 

PMSとは?

理由もなくイライラする、やる気や集中力が低下する、何だか無性に悲しい…。生理前になるとやってくる「心の嵐」。

 

これはPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状です。生理の10日~1週間ほど前から症状が表れはじめ、生理が始まると不思議なくらいスーッと治まってしまいます。

 

心の不調だけでなく、むくみやだるさ、眠気、乳房の張り、便秘、肌荒れなど体の症状も伴うため、生活にも支障が出やすいのです。

 

生理前の不調に悩む女性が急増中

最近は、PMSの中でも心の症状が特に重いタイプを「PMDD(月経前不快気分障害)」と呼ぶほど、生理前の心の不調に悩んでる人が多いのです。

 

では、なぜこんなにも心が揺れるのでしょうか?その理由はズバリ女性ホルモンです。

生理周期に伴って変動する女性ホルモンが、脳にも影響を及ぼし、その結果、イライラやうつうつなどの厄介な感情が生まれてしまうのです。

 

こんな症状がPMS

なんとなく憂鬱で、わけもなく気分が落ち込んだり、イライラしたり、涙もろくなったり、怒りっぽくなったり…そんなことがあって2~3日経つと、生理が始まる。

こんな経験はありませんか?

 

「ヒステリー」「わがまま」といわれてしまいそうな症状ですが、じつは月経と深く関係していることがあります。

 

気分が落ち込む

これといった理由もないのに、とつぜん憂鬱になったり、クヨクヨしたりすることが定期的に訪れるようなら、PMSかもしれません。

 

「仕事がうまくいかない」「自分なんて何をやってもダメ」とたびたび感じる人は、その後生理が来ていないか気にしてみてください。

 

イライラする、緊張する

普段は気にもならないことが、生理前になるとひどく気になったりイライラしたりする…。これもPMSのひとつで、最も多いとされる症状です。

 

生理前になると脳内物質の分泌が急激に低下し、これによってイライラしたり、緊張したり、ピリピリするとも言われています。

 

摂食異常

やたらと食欲がわいて、暴飲暴食が止まらない…と思うと2、3日後に生理が始まる、という人も多いと思います。特に、チョコレートやケーキなどの甘いものや、スナック菓子、ジャンクフードを食べたくて仕方がなくなるという人が多いようです。

 

生理前にはホルモンの分泌量が大きく変化し、糖代謝の機能が低下しがちです。そのため、血糖値が下がりやすくなり、甘いものを欲するようになるという説があります。

 

また、月経期間には経血とともに体力を消耗しますので、それに備えて食欲増進や体重増加が起こるとも考えられています。

 

飲酒、悪酔い

生理前になるとやたらとアルコールを飲みたくなるという人もいるようです。

しかし、生理開始前から生理開始直後は、アルコールを分解する速度が遅くなるとも言われており、悪酔いする傾向があるようです。

 

性欲の変化

生理前になると急に性欲が強くなるという人と、反対に性欲がなくなるという人がいます。

 

本来は排卵日前、生理が終わって1週間ほど経った頃がもっとも性欲が強くなり、妊娠しづらい生理前には性欲は減退するといわれています。

しかし、妊娠の可能性を気にせず性交渉できるという意味では、気分が開放されるのかも知れません。

 

他の症状

ほかにも、特に理由もないのに不安な気持ちになる、すっぱいものや辛いものなど、普段と違う味付けのものが食べたくなるなど、「普段とは何か違う」という変化があるようです。

 

とくに理由もないのに気分がふさぎがちだったり、自分に自信が持てなかったり、イライラして仕方がなくなることがある人は、自分の生理周期と気分の状態を手帳にメモしてみると良いかもしれません。

PMSの症状のひとつだった場合、「ああ、またこの時期か」と受け流しやすくなります。

 

生理前不調の例

・生理前は毎月、夫に当たり散らして大ゲンカ。

・排卵時と生理前は二重人格といわれるほどイライラする。

・生理前になると将来どうなるか不安で泣きたくなる。

・この時期は、ちょっとしたことでも敏感に反応する。

・生理前は毎回毎回やる気が起きないし、なかなか感情が抑えられない。

・普段は気にならないことでもイラっとする。

 

ホルモンの波に上手に乗ろう

ホルモンの波を捉えて上手に乗れば、「心の嵐」も軽くなります。女性ホルモンのエストロゲンが減ると、なんと脳まで停滞してしまうのです。「ひたすらガマン」はもうやめましょう!

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●生理前に胸が張るのは普通のこと?月経前症候群について

 

(Photo by //pixabay.com/)

著者: ひなさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

PMSの解消+避妊効果も!マーベロン28体験談

私はマーベロン28という低容量ピルを使用しています。 最初の目的はPMSの...

神経系の緊張が生理前を辛くしている…PMSと血の巡りの関係!

血の巡りと人の体の健康は、とても関係が深いと言えます。 もちろん、女性は特...


PMSの対処に役立つ!基礎体温の計測と記録

PMSは、はっきりと自分で自覚するだけでも症状が和らぐと言われています。 ...

○○を食べればPMS症状改善に!?トリプトファン・ビタミンB6が栄養のキーワード

 月に一回もPMSの症状に悩まされると思う人もいれば、月に一回だから我慢してし...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る