カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 食べてすぐは虫歯になりやすい?!~歯磨きのタイミングについて~

気になる病気・症状

食べてすぐは虫歯になりやすい?!~歯磨きのタイミングについて~

 

「食べたらすぐに歯みがき」、これって常識だと思っていませんか?じつは、食べてすぐの歯みがきは、虫歯になりやすいのです。

 

 

歯は食べ物の影響を受けている

 

歯の表面のエナメル質は、実は食べ物の影響を受けています。例えば、梅干しなどを食べると歯がキシキシすることがありませんか?これは梅干しの強い酸で、歯の表面が溶けやすくなっているのです。こうした「酸っぱいもの」を食べ過ぎると、実は歯が溶けたり、脆くなりやすくなります。

 

食事の影響はわかりにくい

 

毎日の食事が、歯にどのような影響を与えているか、なかなか自分ではわかりにくいものです。お酢は身体によいとされていますし、酸味は食欲を増進させるため、歯に悪いからと食べないのはよくありません。問題は、こうした食事の影響を最小限にして、歯を磨くことが大切なのです。

 

食事の影響が消える30分後に磨く

 

食べてすぐの歯は、食事からの影響を受けて表面がもしかしたら溶けやすくなっているかもしれません。このとき、歯ブラシでごしごしと擦れば、当然歯に傷ができてしまいます。このエナメル質の傷から、虫歯菌が入り込みやすくなると考えられています。ですから、食事の影響が口の中の唾液で中和されて、歯の表面の状態が落ち着いてから磨くことがよいのです。およそ30分程度で、歯の表面は落ち着いた状態に戻るとされています。30分間には、歯に残った汚れから大量に歯周病菌などが繁殖することもありません。

 

 

歯みがきもただ磨くだけではなく、効果的な歯みがきが大切です。食事の影響があると知っている人はまだまだ少ないですし、食後30分あけてから歯みがきをするのは無理、という人も多いかもしれません。その場合には、まず食後にうがいをし、口をすすぐことをおススメします。歯みがきは、考えている以上に歯に傷をつけているのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/25-366051.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

歯みがきは「寝る前」がとても重要?!

  歯みがきは毎食後にしなくては、と思っていませんか?じつは大切なのは、就...

炭酸を飲むときには気を付けて!酸蝕歯を予防する飲み方

  酸蝕歯の人の治療例を見てみるとその原因は食べ物、飲み物にあることがわかりま...


ママさん必見!放っておくと危険?万病の元「虫歯」から子供を守ろう

  昔歯科医院で働いていたころ、お母さん達から乳歯の歯磨きについてよくご質...

歯みがきの重要性!あなたの口臭大丈夫?!

    普段生活している中で、みなさんがご自分で意外と気づいてらっしゃらない...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る