カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 症状 >
  5. 関節リウマチの初期症状を見逃さないで!

関節痛・腰痛

関節リウマチの初期症状を見逃さないで!

 

関節リウマチは関節に炎症が持続することで腫れや痛みが生じ、最終的には関節が破壊され変形してしまう病気です。

 

また、関節リウマチの患者さんは全国で約70万人とされていますが、男性よりも女性に多く発症しており、その数はなんと男性の4~5倍にものぼります。その中でも、家庭や職場で働き盛りの30~60歳代の年齢層の罹患率が高いため、患者さんだけではなくその家族にも関節の痛みとともに辛い病気となっています。

 

◆関節リウマチの初期症状

関節リウマチの初期症状としては「朝の手指のこわばり」が挙げられます。目覚めた時に両手指の関節がこわばっていて動かしにくいといった症状が約1時間以上続きます。やがてそれだけではなく、腫れや痛みといった症状もみられるようになり、徐々に他の関節にも現れるようになります。

 

上記のような症状だけではなく、疲労感や微熱、食欲不振、体重減少といった全身症状を伴う場合もありますので、少しでも思い当たる節があるのなら、早めに医師に相談して下さい。

 

◆特徴的な症状

炎症が生じやすい関節を上から見ていくと、首、肩、肘、手首、手指、股関節、膝、手首、足指などが挙げられます。

さらに左右両方に炎症が起こることが多いのが特徴的で、腫れてうずくような痛みが生じます。炎症が続くと骨膜の増殖により、軟骨や骨の組織が破壊されていきます。このような破壊が進行すると、関節の変形や機能障害も引き起こします。

 

以上のような経過をとる関節リウマチなので、痛みを取り除くだけではなく、骨の破壊を抑制し関節の変形や機能障害を防ぐことが治療の目的なります。

また関節リウマチでは発症の早いうちに炎症を抑えることが極めて重要となってきますので、少しでも関節リウマチが疑われるようでしたら早めに医師に相談して下さい。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/08-378902.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

指が変形する!リウマチとはどういう病気でしょうか

「リウマチ」は関節の変形まで放っておけるような、軽い痛みの病気ではありません...

初期は自覚がない・・・関節の痛みはリウマチのはじまりかも!?

関節リウマチは、最初は自覚症状がありません。 そのためつい見すごしてしまい...


鉄欠乏性貧血が合併しやすい!関節リウマチの症状は関節炎だけではない!

関節リウマチというと真っ先に関節痛を連想されるかもしれませんが、あくまでも関節...

若い人に急におこる関節リウマチ

16歳未満の人に発症し、6週間以上症状が持続する関節炎を若年性突発性関節炎と...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る