カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 効果的な歯みがきは自分に合った歯ブラシ選びが大切!~歯ブラシの種類と特徴~

気になる病気・症状

効果的な歯みがきは自分に合った歯ブラシ選びが大切!~歯ブラシの種類と特徴~

 

 

毎日の歯磨き、十分にできている自信がありますか?正しい効果的な歯みがきは、歯ブラシを選ぶことから始まります。

 

 

歯ブラシの違い

 

歯ブラシは、口の大きさや歯並びに合わせてサイズを選びます。また、歯茎の状態に合わせて毛の硬さを選ぶこともポイントです。家庭用品の品質表示法では、歯ブラシは、「柄の材質」、「毛の材質」、「毛の硬さ」、「耐熱温度」を表示しなければなりません。パッケージを見て、確認して購入することもポイントです。

 

毛の硬さ

 

毛の硬さは、次のようなことから選びましょう。

 硬め:普段の磨き方が弱い人におすすめです

 普通:一般的な歯垢を落とすときに効果的です

 柔らかめ:歯茎が弱かったり、歯肉炎等をおこしているときに使います

硬めの歯ブラシは、力が強い男性にはあまり向きません硬い毛の歯ブラシで強く磨きすぎると、歯や歯茎を傷つけてしまいます。マッサージ効果もある歯みがきでは、必要以上の力を入れることは避けましょう。

 

適正サイズは?

 

一般的な口にあうサイズは、縦に3列、横が親指の幅、あるいは人差し指の第一関節の長さ、と言われています。それ以上だと奥歯や細かい部分に毛先があたりにくく、磨き残しができやすくなります。口のサイズは年齢とともに変化しますので、とくに子どものうちは、乳児用や小学生用など、歯ブラシのサイズを成長に合わせて変えていくとよいでしょう。

毛が密集しているものは乾燥しにくく、不衛生になりがちだとも言われています。また、ギザギザなものよりも、毛先がまっすぐのものの方が圧力が均等になり、きちんと磨けるとも言われています。

 

柄のタイプ

 

持ち手の柄は、自分で持ちやすいものがよいのですが、やはりそれぞれに一長一短があります。基本的には、ストレートで突起のない単純なかたちが推奨されています。また、断面が楕円のものが持ちやすいようです。ネック部分が細すぎると、磨くときにしなってしまうので、力がきちんと伝わるものを選ぶことも大切です。

 

 湾曲しているもの:上の奥歯の後ろ側を磨きにくい

 突起があるもの:指を動かすときに邪魔になる

 

 

歯ブラシは、基本的な磨き用に1本と、奥歯用や隙間用を何種類か持っていると便利です。完璧な歯みがきはとても大変ですが、歯は健康の基本。自分に最適な歯ブラシを選んで、しっかりしたデンタルケアを心がけましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/03/30-015853.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

歯周病菌と日常生活から考える歯周病の原因

  日本人の80%以上に罹患の可能性がある病気が歯周病です。歯周病という名前は...

歯が溶ける?酸蝕歯予防のための生活の中で気をつけるべきポイント

  酸蝕歯は酸性の食べ物や飲み物を含むことで口内のバランスが乱れ、酸によって歯...


ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

今Twitterなどで話題になっているのが重曹歯磨きです。普通の歯磨きとどんな...

知っておきたい酸蝕歯の2つの治療

酸蝕歯は歯が酸によって溶けた状態で、酸蝕歯になっている歯を持つ方は酸蝕症という...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る