カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 効果的に歯を磨きましょう!~歯みがきに使う道具~

気になる病気・症状

効果的に歯を磨きましょう!~歯みがきに使う道具~

 

歯みがきに使う道具は、一般的な歯ブラシだけではありません。それぞれの特徴を知り、いろいろな道具を使って効果的に歯を磨きましょう。

 

1.デンタルフロス

 

いわゆる「糸ようじ」ですが、糸だけのもの(巻いてあるもの等)と、スティックタイプがあります。歯と歯の間にある歯垢をしっかり落とせるので効果的です。一般的に数本の糸でできており、この糸が歯の間で引っかかるようであれば、そこに虫歯ができている可能性もあるので、すぐに歯医者にいきましょう。

 

2.歯間ブラシ

 

歯と歯の隙間が広い部分や、歯と歯の間の付け根、虫歯の治療をしたところ、歯が抜けたままになっているところなどを効果的に磨くことができます。しかし、針金などでできていて、歯肉を傷つける危険もあるので、使うときには鏡を見ながら注意して行いましょう。できるだけサイズや歯茎の状態を考えて選ぶことが大切なので、かかりつけの歯医者に相談するとよいでしょう。

 

3.タフトブラシ

 

タフトブラシは、コシが強く短い毛先の小さな歯ブラシです。ブラシの先が曲がっており、奥歯の裏側までブラシが届くので、磨きにくい奥歯を磨くときに使ってみてください。頭が出ている程度の親知らずもしっかり磨けます。

 

4.ポケットクリーナー

 

歯周病で歯と歯肉の間にできた溝=歯周ポケットを磨くのに使います。タフトブラシに似ていますが、側面が薄く、先端を回転させることができるので、最適な角度で歯周ポケットに入って歯垢を取り除くことができます。

 

近年では、こうした様々な歯みがき道具が簡単に手に入るようになりました。できるものから揃え、就寝前にしっかり歯垢を落とすことで、歯周病や虫歯、口臭を予防したり改善したりできます。ぜひお試しください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/07/31-380753.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

歯周病の歯茎は血を出すべき!?

歯磨きや歯石取りをおこなったとき、歯周病の傾向があるとびっくりするほど歯茎か...

口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...


効果的な歯みがきは自分に合った歯ブラシ選びが大切!~歯ブラシの種類と特徴~

    毎日の歯磨き、十分にできている自信がありますか?正しい効果的な歯...

意外と知らない!上手な歯磨きのポイント

意外と知らない!上手な歯磨きのポイント■歯磨きのコツ虫歯や歯周病を予防するために...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る