カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 何が違うの?~電動歯ブラシの選び方~

気になる病気・症状

何が違うの?~電動歯ブラシの選び方~

 

最近は、電動歯ブラシが高性能になっています。電動歯ブラシでなくちゃだめ、という人も多いと思いますが、一般的な歯ブラシとどう違うのか、しっかり理解して効果的に使いましょう。

 

電動歯ブラシと手磨きの違い

 

従来の手磨き歯ブラシでも、きちんと丁寧に磨けば大丈夫ですが、なかなかそこまで時間をかけられる人ばかりではありません。短時間で効果的なブラッシングができることが、電動歯ブラシのメリットですが、それは使い方次第です。次のポイントを守ることが、電動歯ブラシの機能を最大限に引き出します

 

1.毛先があたる場所(=プラークが残りやすい場所)だけに集中する

2.ゆっくり動かす

3.フロスや歯間ブラシでフォロー


最新の電動歯ブラシ事情


電動歯ブラシはどんどん進化し、音波歯ブラシなど、人間の力ではできないスピードや回転で、しっかりデンタルケアできるような商品が出てきています。もちろん、高機能のものはお値段もそれなりですが、歯医者にかかる医療費を考えれば安いものです。

 

特徴的なものでは、次のようなものがあります。

 

・振動ストロークが0.9mmと細かく、毛先をソフトタイプ、歯茎ケアモードを選ぶことで、歯周病による出血が2週間程度で改善する

 

歯ブラシの毛先を紫外線で除菌する装置を搭載。毛先の交換時期もわかる。独自の音波振動が液体流動による洗浄を生み出し、毛先の届きにくい歯周ポケットなど奥の方にいる細菌も取り除ける

 

3D丸形回転ブラシで、回転しながら上下に振動。ヘッドがコンパクトで奥までしっかり磨ける上に、押しつけ防止センサーで過度の圧力を防止でき、効果的な歯みがきができる。液晶パネルの歯みがきナビ付き。歯のステイン(着色)落としに効果を発揮。

 

つぎつぎに新しく高機能の電動歯ブラシが発売されています。アメリカを始め多くの先進国では、歯のキレイさ・白さがその人の評価にもつながると言われる現代。健康と美を手に入れるための投資としても、機能性の高い電動歯ブラシは注目です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/25-366043.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

食べてすぐは虫歯になりやすい?!~歯磨きのタイミングについて~

  「食べたらすぐに歯みがき」、これって常識だと思っていませんか?じつは、...

歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

歯周病菌がまき散らす内毒素(エンドトキシン)の恐さとは? 皆さんは、歯周病...


口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...

意外と知られていない?歯周病・歯肉炎から考えられる病気

  歯周病の多くはプラークコントロール不全によるものと考えられています。歯磨き...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る