カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 虫歯 >
  5. 歯ブラシの交換目安はどのくらい?効果的な歯磨きについて

気になる病気・症状

歯ブラシの交換目安はどのくらい?効果的な歯磨きについて

 

歯みがきは、歯ブラシでその効果が決まります。歯ブラシの交換時期をしっかり守りましょう。

 

 

歯ブラシは1ヵ月に1本

 

基本的には、毎日磨いているなら毎月歯ブラシは交換すべきです。歯ブラシは、使っているうちに毛の弾力が失われ、毛先が開いてきます

毛先が開いたり、弾力がおちた歯ブラシを使うと、そのプラーク除去効果は65%以下まで低下すると言われています。毛先の先端で汚れをかき出すため、ほうきと同じで、毛先が揃っていないと汚れをかき出せないためです。時間をかけてしっかり磨くほど、歯ブラシは痛みが早く出るので、早めの交換が必要です。

 

交換の目安

 

次のようなサインを見つけたら、1ヵ月経っていなくても交換です。

 

毛先が開く:力を入れて磨くとすぐにだめになります

毛の透明さが濁ってきた:温度変化や保管している環境などで、毛が変質している可能性があります

 

保管方法

 

歯ブラシは、保管方法にも注意しましょう。

 

1.使用後に十分に水で洗い流す

2.汚れがついていないのを確認する

3.をしっかり切る

4.他の人の歯ブラシとくっつかないような場所で乾燥させる

 

持ち運びタイプの歯ブラシは、どうしても不衛生になりがちです。使用後にしっかり水を拭き取り、できるだけ乾燥させるように注意しましょう。

 

 

歯みがきを効果的にするには、道具の手入れからです。細菌がいっぱいになった歯ブラシでは、歯みがきの効果も減ってしまいます。保管をしっかりして、毎月交換することで、さらに効果を得られます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/19-376448.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫歯に関する記事

殺菌力の高いオゾンで虫歯治療、削らない・痛くない「ヒールオゾン治療」ってどんな治療?

  虫歯治療の方法のひとつにヒールオゾン治療と言う方法があります。高い殺菌力の...

本名はミュータンス菌!虫歯菌の正体とは?

虫歯になってしまうのは、虫歯菌が歯をどんどん侵蝕してしまうからです。 では...


キシリトールガムで期待できる歯の再石灰化&酸の中和効果

  虫歯予防効果が高いことで知られるキシリトールガムですが、虫歯の原因菌で...

歯のせいで耳や頭まで痛くなる!?歯の神経の痛みが原因?!

歯医者の話になるとたびたび『歯の神経』という言葉が出てくることがありますよね...

カラダノートひろば

虫歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る