カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 電動歯ブラシのヘッド交換時期はいつ?

気になる病気・症状

電動歯ブラシのヘッド交換時期はいつ?

 

電動歯ブラシを使う人が増えています。付属でついてくるヘッドはわずかです。交換時期はどうしていますか?

 

歯ブラシは細菌が増える

 

一般的な歯ブラシは、1ヵ月に1本の頻度で交換することがよいと言われています。歯ブラシの毛が痛んでくるためにブラッシング効果が下がることもありますが、歯ブラシの細菌汚染も大きなポイントです。毎月交換すれば、細菌を口の中に入れる割合が減ります。ですから、機能と衛生、両面から歯ブラシのマメな交換が必要なのです。

 

一般的な電動歯ブラシは3ヵ月ごと?

 

価格の高い電動歯ブラシを購入すると、何本かの交換ヘッドがついてきます。さらに継続して使う場合には、ヘッドを購入することになります。メーカー推奨の交換時期は、3ヵ月というものが多いようです。

一般的な歯ブラシに比べて、このランニングコストが電動歯ブラシの悩ましい部分かもしれません。本体が高いうえに、普通の歯ブラシ以上の価格のヘッドを、頻繁に交換しなければならないからです。

 

電動歯ブラシもこまめな交換が必要

 

電動歯ブラシでも、ヘッドに細菌が増えます。そのため衛生的な点からも交換が必要です。

また、電動歯ブラシは、そっと歯や歯茎にヘッドの先端を当てるとされており、ヘッドの毛先が揃っているからこそ、高機能な洗浄が実現します。なので、ヘッドの毛が痛んでいたら、その効果は半減します。つまり、使い方をきちんと守って、3ヵ月が維持できるのです。押し付けるようにして使った場合には、もっと短期間にヘッドが痛んでいるかもしれません。定期的にヘッドを交換しましょう。

 

 

最新の電動歯ブラシでは、ヘッド交換を知らせる機能がついているものが増えています。また、ヘッドを紫外線殺菌して、細菌を増やさないものも出てきています。こうした機能は、歯みがきをより効果的にするための機能ですが、その結果、ランニングコストが高くなることは否めません。そうしたコストを承知した上で、電動歯ブラシの購入を検討することも大切です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/11-380094.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

食べてすぐは虫歯になりやすい?!~歯磨きのタイミングについて~

  「食べたらすぐに歯みがき」、これって常識だと思っていませんか?じつは、...

歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

歯周病菌がまき散らす内毒素(エンドトキシン)の恐さとは? 皆さんは、歯周病...


口の中には300〜500種類の細菌が住んでいる?!歯周ポケットにいるばい菌たち

  歯周病は、口の中に住みついている菌が歯周ポケットに入り込み、炎症をおこ...

意外と知られていない?歯周病・歯肉炎から考えられる病気

  歯周病の多くはプラークコントロール不全によるものと考えられています。歯磨き...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る