カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. どういう家族に多い傾向がある?過食症に子供を陥らせやすい家族とは?

メンタル

どういう家族に多い傾向がある?過食症に子供を陥らせやすい家族とは?

以下に、子供が過食症におちいったケースの家族を並べました。とはいえ、必ず陥るわけではありません。そういうこともあるんだな、程度にとらえましょう。

 

両親の仲がよく喧嘩することがない

何をするにも家族一緒で理想的な家族かもしれません、ですが家でトラブルをあまり経験したことがないことで、外の世界の温度差についていけず、ストレスをためやすい。

 

親が勝手に進路を決める

「あなたの人生だからあなたが決めなさい」と言いながらも、本人が決めようとする進路にああだこうだ、クレームをつけ、結局親の思う通りにさせる場合も入ります。これにより失敗しない人生を歩んでいるとある日突然、自分が本当にそれがしたかったのかわからなくなり、ストレスに陥ります。

 

人は失敗を繰り返し、やっぱりこれがしたい!と思える時、自分に自信をもつことができるからです。

 

家族が不仲

離婚、別居、夫婦げんかが絶えない。母親が父親の文句ばかりいう。母親が父親に甘えられない環境など、母親がいつも緊張していると、子供も緊張状態に陥りやすく、母親に甘えにくいということが多く見られます。すると、外のストレスを家庭で発散できず、過食症に陥る原因の一つになる場合がみられます。

 

両親、または兄弟が肥満である

見た目として子供がそうなりたくないと、反面教師にしている。

 

上記のことをまとめると、「すぎる」家庭が発症を招きやすいと言えます。平和すぎる、争いすぎる、コントロールされすぎるなど、偏った家庭を経験すると、バランスをとるために、子ども自身が葛藤し、葛藤の結果過食することが想像されます。

 

しかし、もしもお子さんが過食症でも決して自分のせい、育て方のせいと思う必要はありません。同じ家族でも発症しないことも多くあります。子供と環境の相性が悪かっただけです。

 

自分たちを責め、無駄な時間を費やさず、子供を含め皆にとって心地よい家族に修正するのだと前向きに考え、お子さんの病気とむきあっていきましょう。どんな平和な人にも試練は必ず訪れるものです。

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

摂食障害に関する記事

思春期の女性に多い病「思春期やせ症」以外の「神経性無食欲症」5タイプとは?

神経性無食欲症は、思春期やせ症といわれるように、思春期の女性に多い病ですが、そ...

摂食障害の一つ過食症!その過食症研究~遺伝子など~の状況について

過食症、つまり神経性大食症は中枢性摂食異常症として、厚生労働省の指定する特定疾...


過食症や拒食症に代表される摂食障害!いつごろから?過食症の歴史(古代・中世・第二次大戦後)

過食症や拒食症に代表される摂食障害は、いつごろから現れた病気なのでしょうか?古...

無食欲症とは違う?!拒食症は怖い病気です、拒食症と神経性無食欲症という呼称を考えよう!

一般的に拒食症と呼ばれる病気は正式には神経性無食欲症と言われます。拒食症という...

カラダノートひろば

摂食障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る