カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 特定保健指導 >
  5. 特定保健指導とは一体何?受ける上での心構えと大切なこと

健康診断・健康管理

特定保健指導とは一体何?受ける上での心構えと大切なこと

 

まずはじめに、特定保健指導とは生活習慣病を未然に防いだり、また生活習慣病に移行させないことを第一の目的としています

そんな特定保健指導ですが、受ける上で大切となってくることはあるのでしょうか?

 

こちらでは、特定保健指導を受ける上での心構えや大切となることをご紹介しますので、興味のある方は是非ご覧になってくださいね。

 

 

◆保健指導を受ける上で大切なこと

保健指導を受ける上でまず大切になってくることとは

・生活習慣病はたとえ自覚症状がみられなくても発症の危険性が十分にあること

・生活習慣病の原因となったり誘因する危険因子は、生活習慣を改善することによって少なくすることができること

・受診者本人が生活習慣などの行動を変えることを目指すのであって、指導者ではないこと

の以上の3点になります。

 

特に、指導者は受診者自身による自らの決定を継続的に支援する、いわゆる協力者であることを知っておくことが極めて重要になってきます。このことが十分に理解されていないとさらなる段階に進むことは出来ません。

 

以上でも述べましたように、特定保健指導で大切になってくるのは、その対象者自身が診断結果の理解を通じて自らの体の変化に気付くことをきっかけに、自分の普段の生活習慣を振り返り、改善できるように努めることになります。

 

自分一人で実行可能な目標を設定し、従来の生活習慣を確実に変えて行くには個人1人の力では困難なことがきっと多いはずです。

 

そういうときにこと、医師や保健師、そして管理栄養士や健康運動指導士などといった様々な専門知識を持つ専門家の助けを上手く借りるようにすると良いのではないでしょうか?

 

特定保健指導は何と言ってもあなた自身の健康保持のために行われるものですから、決しておざなりにすることなく、しっかりと特定保健指導を受けるようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349549.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特定保健指導に関する記事

内臓脂肪は溜まりやすく減りやすい?メタボは予防が一番!なわけ

  特定健診・特定保健指導、いわゆるメタボ健診受診者の4人に1人以上がメタ...

定期健康診断でメタボ発覚!特定保健指導を受けるのはどんな人?

    特定保健指導とは、定期健康診断でメタボリックシンドロームである、また...


メタボ数値ってなに?特定保健指導と指導対象の例

40歳以上75歳未満の保険に加入している方と、その扶養家族を対象として、メタ...

健康診断とは違う?特定健康診査(指導)とその基本

    特定健康診査って何?   ここ数十年で、日本の食事は急速に変化し...

カラダノートひろば

特定保健指導の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る