カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 特定保健指導 >
  5. 特定保健指導の内容とは?軸は情報提供・動機づけ支援・積極的支援の4つ!

健康診断・健康管理

特定保健指導の内容とは?軸は情報提供・動機づけ支援・積極的支援の4つ!

生活習慣病に移行させないことを第一の目的としている特定保健指導ですが、果たしてどのような保健指導が行われているのか気になりますよね?こちらでは特定保健指導で行われる3つの指導をご紹介します。

 

◆情報提供

健診が終了した数日後に検診結果を受け取るかと思いますが、その時に医師などの専門家からの検診結果の説明およびその見方、さらには健康の保持やさらなる健康状態になる上で大変役に立つ情報提供が行われます。

 

以上に加えてパンフレットの提供などが個別的に受診者全員に行われています。また支援期間・頻度は1回のみ、つまり原則1年に1回となります

 

◆動機づけ支援

生活習慣の改善が必要と判断された方が対象となる「動機づけ支援」では、まず専門家による面接・指導のもと自ら「行動計画」を作成します。それに基づき生活習慣の改善に必要となる動機づけ支援が行われます。

 

ここで大切となるのは、保健指導が終わるとすぐに実践に移り、その生活を継続させることです。支援期間・頻度は年に1回で、個別的に行われる場合には20分以上の個別支援か1グループ80分以上行われるグループ支援になります。

  

◆積極的支援

生活習慣の改善が必要だと判断された方のうち、専門家による定期的かつ継続的なきめ細かい支援が必要だとされた方が対象となります。保健指導の必要性に応じて、様々な手段や内容をいろいろな組み合わせ方で実施することから、特定保健指導の中では1番手厚い支援と言えます。 

 

以上が特定保健指導で行われる指導の数々になります。共通して言えるのは、対象者が主体となって生活の改善に努めなければならないということです。

 

もし特定保健指導を受けなければならなくなったら、自分の健康保持のためにもその指導のもと、生活の改善に努めるようにしましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特定保健指導に関する記事

検診を受けたら…特定保健指導と言われるかも?!対象となる人について

  特定保健指導についてご紹介する前に、まずはじめに、この特定保健指導と密...

生活習慣病になる確率を下げる効果?特定保健指導の種類と内容

    特定保健指導は、定期健康診断の結果でメタボリックシンドロームのリ...


診断結果の数値を見ただけではわからない?だから特定保健指導が必要です!

  特定保健指導は定期健康診断後に、その診断結果からメタボリックシンドロームのリ...

メタボ数値ってなに?特定保健指導と指導対象の例

40歳以上75歳未満の保険に加入している方と、その扶養家族を対象として、メタ...

カラダノートひろば

特定保健指導の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る