カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 妊婦 >
  5. 妊婦への予防接種と薬のリスク 予防接種を受けなかった妊婦がインフルエンザにかかったら?

健康診断・健康管理

妊婦への予防接種と薬のリスク 予防接種を受けなかった妊婦がインフルエンザにかかったら?

 

お腹の中には大切な子供が宿っている妊婦さんにとって、自分の身だけではなく赤ちゃんの身にも危険となりうるインフルエンザなどの流行病はとても厄介なものです。

 

こちらでは、妊婦さんへの予防接種や抗ウイルス薬のリスクなどについてご紹介します。

 

◆抗ウイルス薬と予防接種のリスクは同じくらい?

もし、予防接種を受けていなかった妊婦さんがインフルエンザにかかってしまったとしても、高齢者の方のように死亡率が高くありません。インフルエンザによる妊婦さんの死亡例として挙げられるのは、抗生物質のない時代に肺炎などを併発した方が亡くなられたというようなケースです。

 

抗ウイルス薬はインフルエンザには大変有効で、発病してから48時間以内に服用すればさらに大きな効果が得られます。「タミフル」と呼ばれる抗インフルエンザウイルス薬は妊娠中に服用しても比較的安全とされており、WHO(世界保健機構)は、予防接種と同程度の安全性評価をタミフルに下しました。

 

ただし、このタミフルは1歳以下の子供には使うことが出来ません。また、薬に含まれる成分は微量ですが、母乳にも出てしまうので、授乳中の使用も不安だとするのが一般的な医師の考え方です。授乳中でも服用可能とされている抗ウイルス薬ももちろん存在するのですが、授乳を一時的に中止したり、あるいは薬を使用しない自然治癒を選択する人もいます。

 

 

◆母親に抗体があれば赤ちゃんにも移行

そのように考えると、インフルエンザはやはり不安と言えますので、妊娠中に予防接種を受けておくのも1つの方法と言えます。特に、インフルエンザが悪化しやすいとされる心臓病・喘息・糖尿病などをお持ちの妊婦さんの場合ですと、積極的に考えても良いかもしれません。

 

予防接種をして感染を防ぐことができる確率は70~80%と性能も良くなっています。

 

また「人混みに足を向けない」「手洗い、うがいをしっかりする」といった基本的な予防法を加えることで、さらに感染するリスクは抑えることが出来ますので、日頃から意識してすると良いでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/07-357570.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊婦に関する記事

風疹から胎児を守る

妊娠中に感染症にかかると、高い確率で胎児に影響がでるとされています。感染症を...

妊娠中の水痘に注意!先天性水痘症候群になる可能性が?!

    妊娠前時の血液検査で行う検査として、良く聞かれるのは風疹の抗体で...


胎児への影響は?妊婦のインフルエンザの予防接種のリスク

    冬になるとインフルエンザが流行りだします。 乳幼児や高齢者などは抵...

他人の赤ちゃんにもリスクが?!風疹予防接種の必要性

妊婦になると、お腹の中の赤ちゃんを守るために様々なことが必要ですが、その中で重...

カラダノートひろば

妊婦の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る