カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. 血圧記録 >
  5. 定期的にきちんと測定しよう 教えて!血圧の記録方法!

健康診断・健康管理

定期的にきちんと測定しよう 教えて!血圧の記録方法!

 

自分の現在の血管の状態を知るには、血圧をある程度の期間、定期的にきちんと測定した上で判断すべきものです。また、血圧管理において一番重要となるのは継続的な測定になります。

 

こちらではその測定の記録方法をご紹介しますので、気になる方は是非参考にしてくださいね。

 

◆血圧の記録方法

継続して血圧測定をするためには、どこのお医者さんでももらうことが出来ます「血圧を記録するためのノート」を活用しましょう。そのノートには以下の様な項目の記入があります。

 

・日付

血圧は最低でも1日1回は測るよう習慣づけなければなりません。血圧管理では、血圧の変化を知ることが一番重要になってきますので、毎日記録するようにしたいものですね。

 

・時刻

毎日の測定の中で、できるだけ同じ時間に測定することが大事になってきます。また、1日2回の測定の場合には、通常は朝の起床後1時間以内と夜の就寝前に測定するのがベストとされています。

 

・記録内容

測定した最高血圧(収縮期血圧)と最低血圧(拡張期血圧)の両方を記入する必要があります。また、記入したものを折れ線グラフで繋ぐ形を取れば、その変化がわかりやすくなりより効果的に変化を知ることが出来ます。

 

・特記事項

測定時の室温や体調など、血圧に影響を与えると思われる要因はメモの形で記入しておきましょう。それだけでなく、自分の生活における変化、あるいは精神状態なども記入しておくと後々参考になりますからお勧めです。

 

 

以上のように血圧を記録しておくと

・自分でこの記録を利用する場合

・かかりつけの医師に見せる場合

・緊急入院をするという場合

などにもこの血圧の記録が非常に大事な判断に役立ちますから、日頃からの血圧管理に、これらのような記録はかかさず行いたいものですね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/03/05-376889.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血圧記録に関する記事

低血圧は遺伝する?低血圧になりやすい要因、解決策はあるの?徹底解明!

なんだか最近疲れやすい、朝なかなか起きられない・・・もしかしたら、それは低血圧...

薬の効き目の目安になる!時間帯別の血圧をチェックして血圧管理を

降圧剤を服用している方は、血圧が下がっているのかどうか不安になることってありま...


1日約10万回!10万個の血圧値は長い目で見ることが大切!?継続して血圧記録をとろう!

『1日約10万回』…何の数字だと思いますか?それは、私たち人間の心臓が1日に収...

高血圧治療にも参考になる!始めよう血圧記録!家庭血圧測定について

  家庭用の血圧計が普及したことで、進んで自分で測定している方はきっと多い...

カラダノートひろば

血圧記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る