カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 予防 >
  5. 人にはわからないこの膝や腰の痛み!変形性関節症の初期症状と予防

関節痛・腰痛

人にはわからないこの膝や腰の痛み!変形性関節症の初期症状と予防

 

膝や腰の痛み、痛みは他人には中々理解してもらえない所ですから辛いですよね。

どうして膝や腰に痛みが発生するのでしょうか。

 

日本人と変形性関節症

関節に痛みが起こる原因は、スポーツし過ぎで関節疲労を起こしている場合や、靭帯・半月板などを痛めた時、関節リウマチや感染性のもの、痛風、インフルエンザなどの病気からくるものと様々ですが、日本人に最も多いとされているのは『変形性関節症』です。

これは加齢によって骨の間の軟骨がすり減ってしまい、痛みが発生する症状です。

この症状が一番多く出る部位は「膝」と言われますが、日本人は欧米人に比べ膝の曲げ伸ばしの多い生活習慣を持っていることが、変形性関節症の発症が多いと言われる原因と考えられています。

 

気付きにくい初期症状

変形性関節症は加齢と共に発症しやすくなりますが、それ以外にも膝を酷使する環境にいる人は年齢関係なく発症率が上がると言われます。

膝を酷使すると、膝の周りの腱や筋が張り歩き始めなどに痛みを感じるようになります。

その痛みをかばい変な所に力が入ることで、筋肉の形が変わりますます関節に負担をかけてしまう可能性があります。

 

そして長い年月同じ場所に負担がかかり続けると、炎症や水が溜まる原因となる他、軟骨がすり減り骨同士がぶつかるようになってしまい、ひどい痛みの原因となってきます。

 

変形性関節症を予防する

変形性関節症は一度なってしまうと長く付き合わなければいけない、痛みを伴う症状のため、なるべくかからないように予防することが重要です。

膝を酷使する環境にいる人は、少しの違和感に気付くことを心がけ、疲労・筋肉緊張をマメにケアしていく必要があります。

そして筋肉を鍛えましょう。関節を守り動かしているのは筋肉です。その筋肉が正常な位置で活動することで関節症は予防することができます。

 

定期的に専門医を受診し、膝をメンテナンスしてあげることも大切といえます。

 

(Photo by:[//www.photo-ac.com/main/detail/721?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

つらい変形関節痛…筋力アップで痛みを撃退!

  【関節の負担はどれほどあるのか?】   変形性関節症の多くは摩耗し...

ハトムギで変形性関節症予防?

  漢方薬の中で、関節痛に効くといわれているのが苡仁(よくいにん)です。実...


歩き方で予防できる!?関節痛

<関節痛予防法~正しい歩き方を身につける~> みなさんは、関節痛が激しい運...

下半身の筋力強化が効果的?!お尻を鍛えて変形性関節症予防

  腰から下の変形性関節症を予防するには、下半身の筋力強化が効果的です。 ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る