カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 症状 >
  5. どうして関節症は女性に多い?コラーゲン不足はこんな所にも!適度な運動と適量のコラーゲン

関節痛・腰痛

どうして関節症は女性に多い?コラーゲン不足はこんな所にも!適度な運動と適量のコラーゲン

加齢と共に、膝に違和感を感じる・・・時には痛みも感じる。そういったことはありませんか?

もしかすると「変形性関節症」の症状かもしれません。

 

実は女性に多い「変形性関節症」

最近膝に違和感を感じる、時々ふとした拍子に痛む。などといったことはないでしょうか。

その違和感、もしかすると「変形性関節症」という病気かもしれません。

「変形性関節症」は、中高年の女性に多く見られると言われ、一説には50歳以上の女性2人に1人は膝の悩みを感じていると言われています。

 

どうして女性に多い?関節症

一般的に、関節痛の自覚がある方の大半は閉経後の50歳以上中高年の女性と言われています。

この関節痛は、膝・腰・ひじ・手指などに出ますが、一番多いと言われている箇所は「膝」です。

 

ではどうして、50歳以上の女性に関節症の症状が出やすいのでしょうか。

一つは、加齢による筋力低下や肥満によって長い年月関節に負担をかけた結果と言われています。

更に、関節が老化し軟骨の水分が少なくなることで、軟骨の弾力を失い不規則なひび割れが起こるため、膝への負担を増やしてしまうのです。

この軟骨の老化は、軟骨の構成成分である「Ⅱ型コラーゲン」「コンドロイチン」「ヒアルロン酸」などが減少してしまうことから起きると言われます。

そして、これらの現象の理由は加齢の他、女性の場合は閉経によるホルモンバランスの崩れも関係していると考えられています。

 

症状と予防

「変形性関節症」は進行すると、痛みで関節を軽く曲げのばすだけでも激痛が走るようになり、日常生活にも大きく影響を及ぼします。

しかし、発症してしまっても進行を遅らせることができます。進行を遅らせるためには、日常できる予防方法を生活に取り入れてみましょう。

大きくは太ももを鍛える運動が効果的です。既に痛みが出ている場合は、お風呂の浮力を利用して行う運動などもあります。

そして、食事やサプリメントで積極的に「Ⅱ型コラーゲン」を摂ることもお勧めです。

 

自分の症状とライフスタイルに合った予防方法を探し、毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

(Photo by: [//www.photo-ac.com/main/detail/701?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

関節リウマチの関節以外に表れる症状って?神経から消化器まで様々な症状が表れる!?

関節リウマチでは関節以外の部分にも様々な症状が現れることがあります。 ここ...

スポーツをする人は要注意!!膝を酷使しすぎると関節痛になる危険性が!

  関節痛はその関節の負担が大きくなりすぎ、軟骨がすり切れてしまうことによ...


膝以外にも出てくる?!変形性膝関節症の様々な症状

     変形性膝関節症の特徴的な症状と言えば、長時間座っていたところから動...

変形性関節症の特有の症状~動き始めは痛いけど、じょじょに痛みが消えていく!

    変形性関節症にはある特有の症状があります。 それは動き始めがズキっ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る