カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

美容・ダイエット

「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

 

「乾燥が気になる肌や、からだの皮膚のケアには尿素配合のクリームが良い」と言われていますが、尿素ってどのようなはたらきをするのでしょうか。また、どのような点に気を付けて使う必要があるのでしょうか?

 

■尿素の優れた点

尿素は、もともと角質層のなかに天然保湿成分として含まれている成分です。 ただし、自然な肌に含まれる尿素の量は極めて微量です。汗にも微量に含まれており、古くから角化を防ぎ肌を軟化させるものとして、市販薬や病院での治療に広く使用されいます。

 

また、尿素には保湿効果のほかにもうひとつ、たんぱく質を分解するはたらきがあります。硬くなった角質もたんぱく質の一種なので、尿素が角質を分解することにより、角化して固くなった肌がやわらなくなるというわけです。

 

このはたらきにより、角質が厚くなって固くなり、通常の保湿化粧品や保護クリームでは改善しなくなってしまったような肌で、角質層が厚く重なったままゴソッと剥がれ落ちるのを防ぎ、あまりまとまった状態で剥がれずに、少しずつ安定して剥がれ落ちるようになる効果が期待できます。

 

■使い過ぎの注意点

尿素のたんぱく質分解作用により、角質が分解されてはがれやすくなるため、尿素を使い始めてしばらくは誰もが「肌がやわらかくなった!」と感じます。

 

しかしここから先は、もともとそれほど角質層の厚みが増していない、ある程度のターンオーバーを行えていた肌には要注意となります。それは、尿素の作用によって、ターンオーバーが早められてしまうためです。

 

尿素のはたらきによって角質層が軟化してしまうため、肌はバリア機能を維持するために新しい角質層を肌の表面に送り出そうと、ターンオーバーを早めます。しかしある程度まで早まると、それ以上早めることができないため、未熟な角質層が増えて来ます。これによりバリア機能が崩れ、肌荒れしがちになってきてしまいます。

 

つまり、尿素配合のクリームは、

●角質層が厚く角化してしまった肌には効果的

●角質層に多少の乱れはあるが、肌自体は安定している肌には不向き

●肌はそれなりの状態だが、もっとうるおいが欲しい肌にも不向き

といえます。

 

■若者の肌には不要な尿素

尿素には保湿効果がありますが、それ以上に角質溶解作用が高いため、角質が分厚く堆積した高齢者の肌などでガサガサになった角質層を溶かして削りとるのには適しています。

しかし若い人の乾燥肌の場合は、ただでさえ不足している角質をさらに削ぎとることになってしまうため、かえって逆効果となります。

 

尿素配合の保湿クリームの箱には、「幼児には使用しない」といった注意書きがされている場合もあります。知らずに使用することで、むしろ乾燥やかゆみがひどくなる場合もあるので、注意する必要があります。

 

 

冬場の肌の乾燥は、年齢を問わず子どもからお年寄りまで悩むもの。しかし、年齢や肌の状態によって、最適な成分やケアの方法は変わって来ます。数ある商品のなかから、自分の肌の状態に適したものを選んでいきたいですね。

 

 

尿素は乾燥肌の救世主?角質を柔らかくする尿素の働きについて

乾燥肌をケアするには化粧品で十分に保湿をすることもあると思いますが、乾燥肌がひどい場合には塗り薬などで改善をはかることがあると思います。 

 

乾燥肌改善の市販薬や、化粧品にも含まれることがある成分の一つが「尿素」です。近年急に言葉として出てきた印象があるかもしれませんが、実は尿素は以前から、角質を柔らかくするのに、外用剤として医薬品に多用されてきた成分です。

 

尿素ってなんだ?

尿素は肌自身にも、天然保湿成分として角質内に保持されている成分です。汗にも微量含まれている成分で、昔から抗角化症薬として治療薬や市販薬に広く使われています。

 

尿素の働き:保湿

尿素の働きの一つに保湿があります。乾燥肌にこの保湿作用は言うまでもなくよいことです。

 

尿素の働き:たんぱく質を分解する

尿素の注目すべき働きにたんぱく質の分解があります。肌を構成する角質はケラチンというたんぱく質で、この角質を分解していく作用が働くということです。そのため、角質層が乾いてカチカチになり、角質が目に見えるほどの大きさになった状態の肌に効果があると言えます。

 

たんぱく質を分解するのはよいこと?

乾きやすく固くなってしまう肌にとって、保湿作用は肌を柔らかくしてくれるためよい働きをしてくれます。ではたんぱく質の分解という働きはよいことなのでしょうか。むやみに角質が壊されてしまうのではないかと思うかもしれません。実際のところ尿素は、上記のように「通常の化粧品の保湿能力だけでは回復しなくなった」状態の肌には有効に効きます。こうした状態の肌に使用すると、たんぱく質が分解されて柔らかくなり、肌が大きく壊れにくくなることが減り、肌が安定した状態に向かっていくそうです。 

 

尿素は処方されるような薬にも含有されている薬ですから、使用には注意を払う必要があるかもしれません。正しく使って、安定した肌を作りたいですね。

 

 

保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?

肌の乾燥を防ぐためには、肌の細胞を健康に保つことが重要になります。その中で重要な役割をする成分の一つがセラミドという成分で、これは肌の細胞間の水分を保持してくれると同時に、肌が外から受ける刺激を肌の内部に伝えないようにするバリア機能を備えた成分です。 

 

セラミドは元々肌内部に存在する成分

セラミドは肌の細胞同士を接着させる働きをしてる物質で、このような働きをする物質は細胞間脂質を言われます。この細胞間脂質のうち40~65%がセラミドで成り立っており、赤ちゃんの頃の肌はセラミドがたっぷりの肌で、年齢が上がるにつれて減少し、20歳と50歳では約2倍もの量の違いが生じると言われています。

 

化粧品から摂取するセラミド

セラミドはコンニャクやゴマなどに多く含まれる成分で、食品から体内に摂取することもできます。また化粧品に目を向けてみるとセラミド含有などと書いてあるものも多くなってきました。食品と化粧品、どちらからセラミドを摂取するのがよいのでしょうか?化粧品の質にもよるのでしょうが、一つの考え方として食品よりも化粧品から摂取した方がセラミドを効果的に摂取できるとされています。

 

食品VS化粧品

実際、どれくらいの食品を摂取すればどれくらいのセラミドが自分の望む部分の肌に達するかというのはよく分かっていません。そのためたくさんセラミドを含む食品を摂取したとしても、他にセラミドが足りない箇所があればそちらに回されてしまい、セラミドを摂取して肌の乾燥が減ったという実感が持ちにくくなります。

一方化粧品であれば肌の乾燥が気になる部分にピンポイントにアプローチすることができます。そのセラミドの内どのくらいが肌に吸収されるかも一つの問題ですが、こうした成分の研究は日々進んでいますから、自分に合う化粧品を見つけられれば食品より効果を実感できるでしょう。 

 

セラミドは適切に補給してあげることによって、肌が水分を蓄える土壌がしっかりとつくられます。体の内側から体を変えるものとしてセラミド摂取を考えてみましょう。

 

 

赤ちゃんの唇も乾燥しやすい!

赤ちゃんの乾燥肌に悩まされている人も多いはずです。お肌と一緒でくちびるも乾燥し、ぱっくり割れてしまったらかわいそうですよね。

 

 

くちびるってなんで乾燥するの?

くちびるも皮膚の一部です。お肌ばかり気にしてくちびるは放っておいている人も多いのではないでしょうか?くちびるはほかの皮膚に比べて角質層が薄いので水分が保たれにくく乾燥しやすいのです。また、ほかのお肌に比べ約6倍乾燥しやすいというデータもあります。赤ちゃんは口をちゅぱちゅぱしたり、くちびるをなめたりしますが、くちびるにはもともとちょうどいい油分が出ているので、それを舐めてしまったら油膜をとってしまい、ますます乾燥してしまいます。

 

くちびるが乾燥するいくつかの要因

・皮膚自体が乾燥しやすい子はくちびるも乾燥しやすいです。

・よだれそのものが湿疹を誘発します。また、ぬれた皮膚が弱くなり、その皮膚が乾燥したときにぱっくりと割れることもあります。

・こすり過ぎも要因になります。洋服や洋服の袖口、ティッシュやタオル等でゴシゴシこすってしまうと荒れてしまいます。口周りを拭くときはガーゼを湿らせたものや手口吹きなどでやさしくぬぐってあげましょう。

 

くちびるが乾燥してしまったら

くちびるが乾燥してしまうと、布団などに顔をこすりつけたときに出血してしまったりします。大人もくちびるが乾燥しぱっくり割れてしまったときはしみますよね。赤ちゃんも一緒で離乳食を食べるときしみて、食欲がなくなってしまう可能性もあります。くちびるが乾燥してしまったら、リップクリームや白色ワセリンを薄く塗ってあげましょう。リップクリームは香料の入っていないものや、無添加のものが好ましいです。大人用のリップクリームはいろいろな成分が入っているので避けましょう。

 

 

余談ですが、ママが母乳育児に慣れないころ乳首に塗っていたクリームを使い切っていない方も多いのではないでしょうか?あれは赤ちゃんの口に入っても大丈夫な成分でできていますので、唇の乾燥に試してみる価値はありそうです。

 

 

下着でしめつけられているところがかゆい!乾燥で生じやすい下着かゆみはどうすればいいの?

女性で、下着の締め付け部分やレースの部分にかゆみが生じるという人が、しばしばいます。特にサイズが合わないわけでも、締め付けが強い下着なわけでもないのに、起こるこうしたかゆみはどうして起こるのでしょうか。

 

下着が原因のかゆみの原因

下着が原因と思われるかゆみは、その根本的な原因に乾燥があります。肌が乾燥すると、肌表面が外部からの刺激をバリアする機能が低下し、ちょっとした物理的な刺激にも敏感に皮膚が反応するようになります。

そしてなぜ、特に下着を身に着けている場所でかゆみが起こるのかというと、いくつか理由があります。

下着は他の衣類に比べて密着度が高く、身に着けている時間も長いです。つまり物理的な刺激が多いのです。

そして下着をつけている場所というのは、普段は服に守られているようなデリケートな部分です。そのため乾燥に物理的な刺激が加わって、かゆみを生じやすいのです。

 

下着のかゆみはどうすれば抑えられる?

では乾燥をベースにした下着のかゆみはどのようにして抑えることができるのでしょうか。

 

・十分な保湿

乾燥が原因のかゆみは、何よりも十分な保湿が優先されます。

下着をつける部分というのは、蒸れやすく一見乾燥とは無関係に見えます。しかしこの蒸れは、肌を弱くし、それに物理的な刺激が加わると皮膚細胞が壊され、水分をうまく保持できなくなり乾燥するのです。一見蒸れて、十分の水分があるように見えても、実は乾燥しているということもありますので、まずは十分に保湿をしましょう。

 

・下着の素材を変える

刺激のない素材というと、コットンや綿100%の素材です。これらの下着に変えることによって、かゆみが軽減します。

 

・レースのないものを選ぶ

レース部分で刺激を感じるという人は、レースがついていないもの、あるいはレース部分があっても肌に触れないものを選びましょう。

 

・下着を洗う洗剤を変える

下着を洗うのに使う洗剤を、肌に乗っても刺激が少ないものに変えましょう。乾燥した肌には下着自体もそうですし、下着に残った洗剤も刺激になることがあります。

 

 

下着が原因のかゆみを放っておくと、その部分が黒ずんできたり、ニキビが生じたりと、ますます悪く進行していきます。かゆみだけでなく、見た目でも変化してしまうのは、女性にとってはつらいですよね。出来るだけかゆみでとどまっている段階で、対策を講じるようにしましょう。

 

photo by:http://www.ashinari.com/2012/11/08-372540.php?category=266

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

膝・肘・かかと・くるぶしは、スキンケアを心がけていてもカサカサになったり、硬...

角栓を除去するのに「皮膚科」がオススメなわけ!角栓の原因って?拡大鏡で角栓がたまっている場所をチェックしよう!

角栓を取り除くには、自分でできる方法もありますが、誤ったやり方で肌を痛めたり...


たるみ予防のコラーゲンは、体内の「生成」を考えよう! 肌効果的な食べ物、たるみやしわの原因、活性酸素とは

     顔のたるみを予防するために、コラーゲンの摂取は必要とされますが、コラ...

そのかゆみの意外な原因は○○だった?! 隠れ「皮脂欠乏症」にご注意!乾燥肌対策にはこれが効く!

乾燥肌だから毎年保湿クリームが手離せないという方は、そもそもその乾燥肌の原因...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る