カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. むくみ・だるさ >
  6. 目が見えなくなることも!片頭痛に伴うさまざまな症状

頭痛

目が見えなくなることも!片頭痛に伴うさまざまな症状

 

 片頭痛が起こるメカニズムは諸説ありますが、現在最も有力とされているのが「三叉神経血管説」です。脳血管の一部は三叉神経に取り囲まれており、その部分が頭痛の発生と深く関係しているといわれています。

 

片頭痛と三叉神経 

脳から分泌される神経伝達物質「セロトニン」はストレスや何らかの刺激がきっかけで血管内に大量に分泌されます。すると血管が収縮し、セロトニンが出尽くすと今度は血管内のセロトニンの量が減少することで今度は血管が急激に拡張します。この収縮→急激な拡張が原因で三叉神経が刺激され、三叉神経末端からさまざまな神経伝達物質が放出された結果、脳血管の周りの神経が炎症を起こし痛みを感じるのです。 

 

 

片頭痛とそれに伴う諸症状 

片頭痛は、片側または両側のこめかみ~目の周辺あたりが拍動とともにズキンズキンと激しく痛む、発作性の頭痛です。多い人では週に1~2回も片頭痛を発症します。頭痛の他にも光や音、においに敏感になったり、ひどいときは吐き気を伴う場合もあります。片頭痛が起こる前の前駆症状としては、気分の落ち込み、首や肩の凝り、あくび、空腹感や目がチカチカしたり目が見えにくい状態になるなど、さまざまな不快症状が伴う場合があります。

 

 

片頭痛の予防策 

片頭痛の悪化要因として、まぶしい光や大きな音、天候の変化や温度差という外部刺激があります。また、生活習慣も大きく関わっており、睡眠不足や睡眠過多、過労、ストレス、アルコールの過剰摂取なども片頭痛の引き金となりますので、片頭痛を起こしやすい体質を改善するには生活のリズムの見直しがとても大切です。

 

また、まれに食べ物で片頭痛が誘発されることもあるようです。チョコレートやチーズ、ワイン、中華料理に多く含まれているグルタミン酸などが主なものです。片頭痛を起こしやすい人はそれらの食べ物を意識的に避けましょう。頭痛が頻繁に起こる場合は薬物療法がおこなわれる場合もあります。

 

 

片頭痛の起こる背景にはセロトニンなどの神経伝達物質と外界からのさまざまなストレスやそれを敏感に感じやすい体質があります。ひどい場合は薬による対処療法も行われますが、生活習慣の見直しが頭痛体質そのものを改善する近道ではないでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037036.php])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみ・だるさに関する記事

片頭痛と同時に現れる症状にはどんなものがある?~片頭痛の前兆~

  片頭痛には前兆のある片頭痛と、前兆のない片頭痛に分けられます。この片頭痛で...

視覚の異常の原因は片頭痛にあり?! ~片頭痛と視覚の異常~

    片頭痛の前兆である視覚の異常として知られているのが、キラキラしたギザ...


眠気がないときにするあくび、「生あくび」に注意 頭痛の前触れや脳梗塞の場合あり

「生あくび」とは、眠たくない時や退屈な時に出るあくびと違い、「脳疲労」などで...

片頭痛(偏頭痛)によって不整脈は起こる?

  片頭痛が起こるきっかけは人によって様々です。その様々な原因によって脳の血管が...

カラダノートひろば

むくみ・だるさの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る