カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 前兆・予兆 >
  5. 疲れ目と片頭痛そして食物アレルギーの影響について

頭痛

疲れ目と片頭痛そして食物アレルギーの影響について

 

 

遅発型フードアレルギーをご存知ですか?

一般的によく知られているアレルギーはIgEアレルギーと呼ばれ、食べてすぐに蕁麻疹などの反応がでる「即時型」のアレルギーです。一方であまり知られてはいませんが、片頭痛はじめさまざまな慢性炎症を引き起こすのが「IgGアレルギー」で、症状が数時間から数日後に出るため遅発型アレルギーと呼ばれています。IgGアレルギーはIgGという血液中に最も多い抗体が関係しているアレルギーで、知らずに摂り続けた抗原により、IgG抗体値が上昇し続け、免疫複合体が形成されます。免疫複合体はさまざまな組織に沈着して、炎症を引き起こすのです。

 

◆遅発型フードアレルギーによる片頭痛などの炎症

 

遅発型フードアレルギーの検査ができる病院は限られていますが、片頭痛だけでなく、ドライアイや涙目などの眼精疲労の症状アトピー性皮膚炎、便秘症、下痢症など、原因がわからなかったさまざまな不調が遅発型アレルギーの発見により改善する場合があります。また、好物で頻繁に食べていたものがIgGアレルギーであったということはよくあることで、普段から食べ物のバランスを考えたり暴飲暴食をしないなど、腸をいたわった食事を心がけることが身体全体の健康につながります。腸は免疫の要であり、腸の免疫力が高ければ、風邪や感染症にもかかりにくいということはよく知られたところです。お味噌などの発酵食品プロバイオティクス(乳酸菌)のサプリメントは健康な腸内細菌のバランスを整えるためにはとても有効です。

 

◆片頭痛を毎日の生活習慣で改善しよう

 

片頭痛の一番の原因はストレスだといわれています。生活習慣を改善することで片頭痛の改善につなげましょう。以下に日常生活の中で片頭痛の原因となるものを挙げます。

 

・睡眠不足

・睡眠過多

・過労によるストレス

・過剰なアルコールやカフェインの摂取

・長時間の同じ姿勢

・チラミンを多く含む食べ物(チョコレート、チーズ、柑橘類)

・グルタミン酸を多く含む食べ物(中華料理など)

・アスパルテーム(人工甘味料)

・ハムやソーセージ(亜硝酸化合物)

 

これらの要因をできるだけ避け、それでも改善されない場合は遅発型フードアレルギーの検査を行うことも片頭痛改善に役立つかもしれません。頭痛の程度があまりに酷い場合はその他の重大な病気が隠れている場合がありますので医療機関で検査を行いましょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_5620.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆・予兆に関する記事

片頭痛の前触れのだるさと風邪の見分け方ってあるの?

  片頭痛の前兆と言えば閃輝暗点が一般的によく知られていますが、閃輝暗点よりも...

自分だけジグザグ、キラキラが見える?!片頭痛の前兆、閃輝暗点って何

  片頭痛持ちの方の中には、片頭痛の発作の前に前兆があるという方もいます。...


ニキビが出ると片頭痛が出る?

    医学的に証明されている訳ではないのですが、片頭痛が起きる前にはニキビ...

なぜか視界がチカチカ、星が飛ぶ?!・・・それは片頭痛の前触れかもしれません!

  頭痛はとても日常的な疾患です。成人であれば、一度は経験したことがあるのでは...

カラダノートひろば

前兆・予兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る