カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 片頭痛の前兆?食物アレルギーの影響、首・肩コリ、生あくびのメカニズムについて

頭痛

片頭痛の前兆?食物アレルギーの影響、首・肩コリ、生あくびのメカニズムについて

 

 遅発型フードアレルギーをご存知ですか?

一般的によく知られているアレルギーはIgEアレルギーと呼ばれ、食べてすぐに蕁麻疹などの反応がでる「即時型」のアレルギーです。一方であまり知られてはいませんが、片頭痛はじめさまざまな慢性炎症を引き起こすのが「IgGアレルギー」で、症状が数時間から数日後に出るため遅発型アレルギーと呼ばれています。IgGアレルギーはIgGという血液中に最も多い抗体が関係しているアレルギーで、知らずに摂り続けた抗原により、IgG抗体値が上昇し続け、免疫複合体が形成されます。免疫複合体はさまざまな組織に沈着して、炎症を引き起こすのです。

 

◆遅発型フードアレルギーによる片頭痛などの炎症

遅発型フードアレルギーの検査ができる病院は限られていますが、片頭痛だけでなく、ドライアイや涙目などの眼精疲労の症状やアトピー性皮膚炎、便秘症、下痢症など、原因がわからなかったさまざまな不調が遅発型アレルギーの発見により改善する場合があります。また、好物で頻繁に食べていたものがIgGアレルギーであったということはよくあることで、普段から食べ物のバランスを考えたり暴飲暴食をしないなど、腸をいたわった食事を心がけることが身体全体の健康につながります。腸は免疫の要であり、腸の免疫力が高ければ、風邪や感染症にもかかりにくいということはよく知られたところです。お味噌などの発酵食品やプロバイオティクス(乳酸菌)のサプリメントは健康な腸内細菌のバランスを整えるためにはとても有効です。

 

◆片頭痛を毎日の生活習慣で改善しよう 

片頭痛の一番の原因はストレスだといわれています。生活習慣を改善することで片頭痛の改善につなげましょう。以下に日常生活の中で片頭痛の原因となるものを挙げます。

 

・睡眠不足

・睡眠過多

・過労によるストレス

・過剰なアルコールやカフェインの摂取

・長時間の同じ姿勢

・チラミンを多く含む食べ物(チョコレート、チーズ、柑橘類)

・グルタミン酸を多く含む食べ物(中華料理など)

・アスパルテーム(人工甘味料)

・ハムやソーセージ(亜硝酸化合物)

 

これらの要因をできるだけ避け、それでも改善されない場合は遅発型フードアレルギーの検査を行うことも片頭痛改善に役立つかもしれません。頭痛の程度があまりに酷い場合はその他の重大な病気が隠れている場合がありますので医療機関で検査を行いましょう。

 

 

ニキビが出ると片頭痛が出る?

医学的に証明されている訳ではないのですが、片頭痛が起きる前にはニキビが出来ると言う方が沢山いらっしゃいます。

その理由としてはいくつか考えられます。

 

ニキビの原因

ニキビは疲労やストレスによって肌のターンオーバー(新陳代謝)が上手く起こらないために出てきます。

ストレスは男性ホルモンを放出させるのでホルモンバランスが崩れ、疲労によって血流は悪くなり肌への栄養も届かず老廃物も排出されなくなってしまいます。

 

生理と片頭痛

生理前になってくると片頭痛発作が起きると言う方も数多くいてます。

排卵日や生理中はエストロゲン(卵胞ホルモン)が減り、プロゲステロンが増えてきます。エストロゲンが減るとセロトニンも減ってしまうので脳内血管が拡張して頭痛発作を引き起こすと言われています。

特に10代の頃は生理時のホルモンバランスが崩れやすくなっています。

 

対処法

○ストレスが一時的な場合であれば、気分転換に出かけてみたり、いつもと違った事をするのが効果的です。

○長期に渡ってストレスにさらされている場合は、身体の持っている抵抗力が弱くなっています。マッサージやお風呂、音楽やアロマ等でゆっくりと疲労を取ってあげましょう。

 

まとめ

ニキビが出来始めたら、疲労やストレスを処理しきれなくなったとの身体からのサインです。

片頭痛を起こしてしまう前に、ゆっくりお風呂に入ったりリラックスする時間を作って早めに身体を休めてあげましょう。

 

 

片頭痛の前触れである首・肩コリはどれくらい持続するの?

片頭痛には予兆、前触れと言われる症状が存在します。予兆・前触れは片頭痛の1-2日前に起きる症状です。

 

●首・肩コリが急に来る片頭痛

片頭痛の前触れのひとつが首・肩コリで、特徴的なのは片頭痛が起きる1-2日前に急に来るということです。

これは片頭痛の仕組みの仮説のうち、三叉神経説である程度説明できます。

片頭痛の前触れで起きる首・肩コリは三叉神経の炎症がかかわっており、三叉神経の炎症は日常的に起きているものではありません。

そのため、片頭痛の少し前になって急激にひどい首・肩コリがやってくるのが特徴となるのです。

同じように首・肩コリと関係性の深い緊張性頭痛の場合には普段から首・肩コリがあり、慢性的な症状であるという違いがあります。

片頭痛の場合は緊張性頭痛と関連している首・肩コリよりもはるかに強い、急激にドーンと来るような首・肩コリが来ることが多いです。肩が上がってくるような痛みとも言われます。

 

●首・肩コリは1-4日続く

片頭痛と首・肩コリは三叉神経が結びつけている症状と考えられ、三叉神経の炎症作用が治まるまで片頭痛とともに首・肩コリに悩まされる可能性も高いです。

一般的に片頭痛の発作は4-72時間と言われているので、首・肩コリが前日から始まるとすれば1-4日間は首・肩コリの症状も出ると予測されます。

緊張性頭痛を引き起こす慢性的な首・肩コリなら温めるのが有効ですが、片頭痛を伴う場合は冷やした方が良いです。

また、光や音の刺激を最小限にして生活するように注意してください。

 

片頭痛の前触れとして起きる首・肩コリは長ければ4日程度続くことも予測されます。

三叉神経の炎症作用が治まって片頭痛も治まるまでは頭痛と首・肩コリの両方に悩まされる可能性が高いです。

 

 

片頭痛(偏頭痛)の生あくび、そのメカニズムとは?

片頭痛が起きる前兆として、生あくびが止まらなくなることがあります。生あくびとはあくびと区別して、睡眠時間を十分にとっていて、眠さも感じていないのもかかわらず、でるものと考えるとよいかもしれません。

 

前兆としての生あくび 

片頭痛を生じている人の中には、片頭痛が起こる前兆として、いきなり生あくびが出て止まらなくなるという人がいます。人前で、特に仕事をしているときなどにあくびをしてしまうと、「だらしない」「集中していない」といった印象を与えてしまいますので、本当は大きな口をあけてあくびをしたくても、かみ殺してしまいます。しかし人によっては、生あくびを我慢すればするほど、その後に起こる片頭痛が起こりやすく、程度もひどくなることがあるようです。

 

あくびのメカニズム

普通のあくびと違って、生あくびのメカニズムは詳しく分かっていません。しかし、考えられるものとしては、あくびが起こるメカニズムと似て起こるという考え方があります。睡眠不足によって起こるあくびは、脳の酸素不足によって起こるという説が有力です。脳の酸素不足によって体が酸素を取り込もうとして、口から大きく空気を体の中に入れ、その取り入れた空気から酸素を取り入れるために、血管が拡張してたくさん酸素をとりこもうとするのです。

 

片頭痛と生あくび 

片頭痛も詳しいことは分かっていない部分が多いですが、片頭痛の痛みは脳の血管が拡張することによって起こるとされています。血管が拡張するという現象が共通している部分ですので、片頭痛によって血管が拡張し始めた刺激を体が感じ取り、それならば酸素をたくさんいれなければと、反応して生あくびが出るのだと考えられています。

 

片頭痛に先行して生あくびが出る人は、生あくびが出てきたら先に頭痛薬などを飲むようにして、片頭痛の痛みを最小限に抑えるとよいでしょう。

 

(Photo by: [http://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_5620.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

片頭痛(偏頭痛)に関する記事

臭いが?チョコレートが?頭痛が起きる原因と光と片頭痛の関係

  臭いによって頭痛を引き起こしたことがあるという方もいるかもしれません。臭い...

同時に起こる片頭痛(偏頭痛)と不整脈 ~偏頭痛の症状や対処法など~

偏頭痛と不整脈というと一見、脳と心臓で全く関係のないことのように言われます。...


片頭痛に効く漢方のいろいろ 薬に頼らないで片頭痛の緩和方法とは?

片頭痛の治療に漢方が使われることを知っていますか?漢方薬は、作用が穏やかなこ...

片頭痛の新しい治療法!?自己注射療法とマグネシウムの有効性

片頭痛の治療法と言えば、最近ではトリプタン製剤が注目を浴びることが多いです。...

カラダノートひろば

片頭痛(偏頭痛)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る