カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病と食事~血糖値が上がりにくい玄米食

生活習慣病

糖尿病と食事~血糖値が上がりにくい玄米食

 

 

糖尿病は遺伝や生活習慣などの種々の理由から糖の代謝異常が起き、血糖値が高くなってしまう病気です。血糖値とは血液の中のブドウ糖のことをいいます。わたしたちは食べることでエネルギー(糖質)を取り入れて生きていますが、体内で糖がエネルギーとして使われる仕組みがうまくいかなくなると、血液中に余計なブドウ糖が溜まってしまい、血管や細胞を傷つけてしまうのです。これは糖尿病によるさまざまな合併症が起こる理由でもあります。

 

◆インスリンの働き

 

インスリンはすい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞で作られ、必要に応じて分泌されるホルモンです。インスリンは筋肉や細胞で糖がエネルギーとして使われ、体内の血糖値のバランスをとるための大切な役割をしていますが、糖尿病になることでインスリンの働きが悪くなったり(インスリン抵抗性)必要な量が分泌されなくなる(インスリン分泌不全)と、血糖値の上昇をうまく抑えることができなくなります。

 

◆糖尿病の食事と玄米食

 

糖尿病になると、まず食生活と生活習慣の改善が治療の基本となります。体質や遺伝、妊娠による糖尿病以外は、乱れた食生活や生活習慣、運動不足に原因があるからです。 その中でも食事は特に重要な意味を持っており、どのような食べ物をどのように食べるかで血糖値の上がり具合が大きく変わります。まずは主食のご飯を血糖値の上がりやすい白米から、上がりにくい玄米や雑穀米に変えてみることが一番手軽な食事改善方法かもしれません。玄米は白米にないミネラルや食物繊維を含んでおり、デトックス作用や、より満腹感を得られるなどの多くの利点があります。他にも分づき米にしたり、雑穀や玄米を白米に混ぜる方法でもよいでしょう。余計な毒素の吸収を防ぐためにも、できれば無農薬の玄米や雑穀米を選ぶことをおすすめします。

 

 

治療をせずに今まで通りの生活を続けると、悪化してさまざまな合併症を起こすのが糖尿病の怖いところです。食生活や生活習慣を見直すことで血糖値をコントロールできれば、薬物治療による身体への負担はなくなります。ストレスにならない程度に、悪化しないための自己管理をしましょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_4.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

いざとなったら自分で調整!シックデイのときの服薬って?

  風邪を引いたら風邪薬を飲んだり、解熱剤を飲んだりして風邪を治そうとします。...

低血糖での手足の震え~糖尿病で気をつけたい低血糖症状~

  糖尿病で気をつけたいのが低血糖症状です。とくに無自覚な低血糖症は、命に...


ちょっとのケガが足の壊疽に…日頃のチェックで予防しよう!

  糖尿病では足の切断という事態が起こることがあります。これは高血糖によって足...

糖尿病の方必見!改善すべき生活習慣には睡眠も~睡眠と血糖値の関係

よく糖尿病は生活習慣病と言われますが、糖尿病であると診断されるとまず生活習慣...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る