カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病には玄米食がいい?食後の血糖値を上げ過ぎないために

生活習慣病

糖尿病には玄米食がいい?食後の血糖値を上げ過ぎないために

 

 

 

糖尿病には幾つかの種類があります。それは、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の糖尿病の4種類で、約90%が2型糖尿病です。

 

◆糖尿病の種類

 

そのような種類があるのか見ていきましょう。

 

1型糖尿病・・・すい臓のβ細胞の機能がもともと低いか、何らかの原因で壊れており、インスリン分泌がされず、インスリン量が不足して起こる糖尿病。子どもや若い人に多い。

 

2型糖尿病・・・生活習慣などが原因でインスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンの働きが悪くなることで起こる糖尿病。

 

妊娠糖尿病・・・妊娠をきっかけに発見された、または発症した糖尿病。多くの場合は出産後にもとに戻りますが、数年後に本当の糖尿病になる場合もあります。

 

その他糖尿病・・・その他特定の病気や原因がもとで起こる糖尿病や、遺伝子の異常が原因で起こる糖尿病。膵臓病、肝臓病、感染症、副腎皮質ホルモン剤などの薬物によっても起こります。

  

◆糖尿病の食事

 

糖尿病になると、まず必ず指導されるのは生活習慣食事方法です。特に食事はインスリンの分泌に直接係わるため、うまくコントロールすれば糖尿病の進行を遅らせることができます。糖尿病の基本的な食事は、食後の血糖値を上げすぎないことを目的としているため、糖質を制限した食事になります。また、食べ方にも工夫が必要で、野菜→肉や魚→穀物という順番で食べることにより血糖値を急激に上昇させるのを防ぎます。ごはんは糖質のため、食べ過ぎは禁物で、できれば毎食量って適量を守り、野菜や海藻などを多く食べることが勧められます。

 

◆玄米食のメリット・デメリット

 

玄米は糖尿病の方の白米の代替食としてよく推奨されています。それは玄米の胚芽や外皮の部分にビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいるため、血糖値を緩やかに上昇させるからです。また、体の中の老廃物などの毒素を吸着して排出するデトックス作用も期待されています。

 

しかし、栄養豊富な胚芽や外皮の部分にはフィチン酸と呼ばれる毒素が含まれており、これが体内毒素とともに必要なミネラルと結合して、体外に排出してしまうため、逆にミネラル不足に陥るという指摘もされています。特にアレルギーなどで腸が弱い人や、子どもの腸には負担が大きくなってしまうようです。また、重金属や残留農薬にも注意が必要でしょう。そこで有効なのが玄米を発芽させた発芽玄米です。玄米を発芽させることで、栄養素を損なうことなくフィチン酸の働きが弱くなるのです。発芽玄米は、玄米よりも炊き上がりがふっくらして旨みもあるため、食事の楽しみも損なわれず、制限食のストレスも少し緩和されるのではないでしょうか。

 

糖尿病の方にとって食事管理はとても大切です。しかし、あれもダメ、これもダメではストレスがたまってしまい、体の免疫力も落ちてしまいます。なるべく楽しく、美味しく食事ができるように色々な工夫をしたいですね。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_9711.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

糖尿病だけど飛行機でフライト!飛行機に乗るときに気をつけられること・できること

   糖尿病の人にとって、飛行機に乗って海外旅行に行くのはハードルが高いように...

血糖値を下げる作用を助ける物質「AMPK」とは?糖尿病の改善

    血液中のグルコースを取り込む作用を助ける物質はたくさんあります。今回...


母親が1型糖尿病だと、子どもは2型糖尿病になるの?!

2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れや肥満の他に、遺...

糖尿病患者のシックデイ…自宅で療養するには?

  日頃から健康に気をつけていても、体調の悪い時というのは誰にでもあるものです...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る