カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病と食事制限~摂取カロリーについて

生活習慣病

糖尿病と食事制限~摂取カロリーについて

 

 

糖尿病はじめ、生活習慣病の発症原因は運動不足や肥満の他に「食生活の乱れ」が大きな比重をしめています。糖尿病や糖尿病予備軍と診断されたら、すぐにでも食生活の改善が必要です。そのまま放っておくと、色々な合併症を引き起こし、日々の生活の中で食事以外もさまざまな制限が課せられることになってしまいます。そうなる前に食事を見直し、できるだけ病気の進行を遅らせる努力をしましょう。

  

◆糖尿病とカロリー制限

 

糖尿病になると、血糖値を正常に保つインスリンの分泌異常が起こるため、血糖値を急激に上昇させる糖質の制限が不可欠です。ですが、日本糖尿病学会は「日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言 」の中で、肥満を是正することが糖尿病治療では重要で、「総エネルギー摂取量の制限を最優先とする」としています。理由としては総エネルギー摂取量の制限をしないで、炭水化物のみを極端に制限をしたときの安全性や効果についての、十分なエビデンスが不足しているからだそうです。ちなみに3大栄養素の推奨摂取比率は炭水化物が50~60%(150g/日以上)、たんぱく質が20%以下、ぞして残りを脂質としています。

 

◆適正カロリーの計算方法

 

適正な摂取エネルギーは年齢や体格、一日の身体活動量に左右されます。まず、BMIを計算して肥満度の判定を行いましょう。BMIが22の時がいちばん疾病合併症率が低く、死亡率が低いとされています。

 

BMI=体重(kg)÷ {身長(m)×身長(m)}

 

18.5未満・・・痩せている

18.5~25未満・・・普通

25~30未満・・・肥満

30以上・・・重度肥満 

 

次に標準体重と基礎代謝量を計算します。

 

身長(m)x身長(m)x22=標準体重(kg)

 

標準体重(kg)x基礎代謝基準値✩(kcal/kg/日)=基礎代謝量(kcal)

(※肥満がない人は標準体重を現在の体重にします)

 

✩基礎代謝基準値

30~49歳:女性(21.7)男性(22.3)

50歳以上:女性(20.7)男性(21.5)

 

そして適正エネルギー量を算出します。

 

基礎代謝量(kcal)×身体活動レベル★=適正エネルギー量(kcal)

 

★身体活動レベル

低い(1.50):生活の大部分が座位。

ふつう(1.75):座位中心で職場内や通勤、買い物程度の軽い運動

高い(2.00):移動や立ち仕事が多く、スポーツなどの運動習慣をもっている

 

糖尿病の予防や進行を防ぐには、適正なカロリー摂取と食事内容の見直しが不可欠です。ストレスを貯めない程度の食事管理は健康体の人にもお勧めです。ですが、糖尿病はじめ、なんらかの病気がある人は必ず医師の指導の元で食事管理を行ってください。

 

※参考

「日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言 ー糖尿病における食事療法の現状と課題」:[//www.jds.or.jp/common/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/transfer.php?file=/uid000025_E697A5E69CACE4BABAE381AEE7B396E5B0BFE79785E381AEE9A39FE4BA8BE79982E6B395E381ABE996A2E38199E3828BE697A5E69CACE7B396E5B0BFE79785E5ADA6E4BC9AE381AEE68F90E8A8802E706466]

片山隆司・貴堂明世(2012)「図解でわかる糖尿病」主婦の友社

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_4091.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ちょっとのケガが足の壊疽に…日頃のチェックで予防しよう!

  糖尿病では足の切断という事態が起こることがあります。これは高血糖によって足...

血糖値測定器の使い方とポイント!糖尿病のインスリン治療について

    血糖値測定器を正しく使用し、誤差の少ない血糖値の値を計測することは糖...


ペットボトル症候群対策はカロリーゼロの飲料では対策できない!?その理由はコレだ!

ペットボトル症候群は急性の糖尿病で、原因が清涼飲料水など、ペットボトルに入って...

ますます増加の糖尿病患者数~世界の糖尿病死亡率ランキング

    糖尿病患者数は年々増え続け、2型糖尿病については、すべての国で増加傾...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る