カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 糖尿病予防のために必要な栄養素~食事でビタミンB群を摂ろう!

生活習慣病

糖尿病予防のために必要な栄養素~食事でビタミンB群を摂ろう!

 

 

ビタミンB群とはB1、B2、B3、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類からなる水溶性ビタミンで、エネルギー代謝に不可欠なビタミン群です。B群と称されるようにこれらのビタミンは相互作用で成り立っており、どれが欠けても精神や神経の障害、皮膚炎、胃腸障害などのさまざまな疾患につながる可能性があります。糖尿病では、インスリン不足で糖代謝が停滞しているので、糖代謝のビタミンであるB群を摂取することで血糖値を効率よく下げることができます。

 

 

◆B群のそれぞれの役割

 

ビタミンB群に含まれる栄養素について、それぞれの役割を見ていきましょう。

 

ビタミンB1(チアミン)

エネルギーを作り出す糖代謝において重要なビタミンで、不足することで脚気の原因になったり、神経や精神的な障害が起こります。

 

ビタミンB2(リボフラビン)

すべての代謝に関係するビタミンです。不足すると成長障害、口内炎や皮膚炎など粘膜の障害、目の異常などが現れます。

 

ビタミンB3(ニコチン酸、ナイアシン)

B群のなかでもっとも必要量が多く、一部は体内で合成されています。遺伝子を修復するのを助け、インスリンの合成でも働いています。不足すると感情不安定、口内炎、消化不良、頭痛、めまいなどが起こります。

 

パントテン酸(ビタミンB5)

副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモンの合成を促す働きがあります。また、良性のコレステロールを増やし、脂肪酸の合成にも関わっています。不足するとイライラや不眠、倦怠感などが起こります。

 

ビタミンB6(ピリドキシン)

たんぱく質合成の中心的役割をします。免疫機能を正常に維持し、脂肪の分解を助けます。不足すると皮膚炎、口内炎、貧血、脂肪肝、虫歯になりやすくなるなどが見られます。

 

ビタミンB12(コバラミン)

葉酸のはたらきを助け、核酸や赤血球の合成に関わっています。 また、神経機能の維持にも関係しています。不足すると悪性貧血、知覚異常、高ホモシステイン血症などが起こります。

 

葉酸

赤血球の合成や細胞新生の際に、たんぱく質や遺伝子、核酸の合成に関わっています。葉酸が効率的にはたらくにはビタミンB12が不可欠です。不足すると悪性貧血になるほか動脈硬化のリスクが高まったり肌荒れが起きたりします。

 

ビオチン(ビタミンH)

ブドウ糖のリサイクル、脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝を助けます。不足すると皮膚炎、結膜炎、脱毛、疲労感などが起こります。

 

 

◆ビタミンB群を食事から摂取しよう

 

次にB群それぞれの栄養素が多く含まれる食品を見ていきましょう。基本的にはサプリメントは補助的なものと考え、なるべく食品から摂るようにしたいですね。

 

B1・・豚肉、玄米、落花生、小麦胚芽、鶏レバー など

B2・・レバー類、納豆、塩サバ など

B3・・かつお節、粉末インスタントコーヒー、からし明太子、するめ など

B6・・にんにく、ひまわりの種、ピスタチオ、玄米 など

B12・・レバー、青魚、貝類、焼き海苔 など

パントテン酸・・レバー、落花生、鶏卵、アボカド など

葉酸・・大豆、ホウレン草、乾燥わかめ、モロヘイヤ など

ビオチン・・レバー類、豆類、卵黄、ローヤルゼリー など

 

ビタミンB群は相互作用で働くため、単独で摂取するよりもまとめて摂取した方が効果的です。糖尿病予防のためだけでなく、ストレスの多い現代社会には不足しがちな栄養素だと考えられます。なるべく食物からの摂取が望ましいですが、それば難しい場合や極端に不足している場合はサプリメントで摂ることも考えた方がよいかもしれません。

 

※参考

日本ビタミン学会:[//web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/kaisetu/kaisetu-1.html]

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/02-013238.php])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

グレープフルーツ摂取は『メトホルミン』と同等の効果?!空腹時血糖値=最大17%低下を確認

グレープフルーツと言えば、一般的に薬剤と併用することは禁忌とされ(薬剤の代謝酵...

α-グルコシターゼ阻害剤の代わりとなりえる?特定保健用食品の『豆鼓エキス』

近年、血糖値の上昇を緩やかにする作用があるとして話題となっている特定保健用食品...


食生活で高血糖や糖尿病を予防しよう!血糖値を上げやすい糖質源

  糖尿病などの原因となる高血糖を防ぐために一番気をつけなければならないの...

食べるものは同じでも糖尿病を予防できる食べ方

  糖尿病が強く疑われる人、そして糖尿病の可能性を否定できない人は日本国内に2...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る