カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病のおやつに市販のお菓子や果物はよい?悪い?

生活習慣病

糖尿病のおやつに市販のお菓子や果物はよい?悪い?

 

 

◆糖尿病のおやつ

 

一般的に、糖尿病になってしまうと間食をしないように指導されることが多いようです。その理由は、糖尿病患者は血糖値が一度上がると、下がるのに普通より時間がかかってしまうからです。間食をすることによって、食事と食事の間隔が狭くなると、それだけ血糖値が高い状態が長く続いてしまい、治療に支障がでてしまうのです。

では糖尿病患者は間食をまったくしてはいけないのでしょうか?

それは、その人の治療がどれだけうまくいっているかや病気の進行具合によるのではないでしょうか。ある2型糖尿病患者に対する研究結果によると、15時半ごろにおやつを食べると 、昼食後すぐに食べるときと比べて血糖値の上昇が30%抑えられたというのです。間食をする際は必ず主治医の許可を得てしなければいけませんが、15時半ごろをねらって間食するのがよいかもしれません。

 

◆糖尿病のおやつに果物はよい?

 

糖尿病のおやつとして理想的なのは、血糖値の上昇が少なく、糖質や炭水化物の含有率が低いことです。果物は一般的に糖質が多く、糖尿病の食事には向かないと思われているかもしれませんが、糖尿病のための「食品交換表」では1日1単位(80kcal)の果物の摂取を推奨しています。果物は果糖やペクチンなどの食物繊維含有量が多く、大切なビタミンも含まれており、実は血糖値の上昇は比較的おだやかなのです。 果物のなかでも特に糖質が低いのはイチゴやブルーベリーなどのベリー系、キウイフルーツ、グレープフルーツ、もも、青りんごなどで、りんごやぶどう、みかんなども適量であればおすすめです。注意しなくてはいけないのは、果物ジュースで、食物繊維がほとんど含まれておらず、血糖値を急上昇させてしまうのでお勧めできません。

 

◆糖尿病の市販のおやつはどんなものがよい?

 

市販のおやつについても、糖質の含有量や食べる量や時間を考慮すれば、取り入れてもよいでしょう。おすすめのものは煮干しやナッツなど、低糖質でなおかつビタミンなども摂取できるものです。また、大豆を加工した低GIバーや血糖値をあげにくい特別なお菓子なども薬局やスーパーなどで販売していますので、そういうものを試してみてもよいでしょう。市販の低糖質なおいしいおやつが見つけられない場合は、自分で手作りするのもいいのではないでしょうか?その際はできるだけ、未精製の穀物を使用したり、ナッツを混ぜて血糖値の上昇を抑えたり、低GIの甘味料(アガベシロップやステビアなど)を使用するのがよいでしょう。

 

市販のおやつでも果物でも、糖尿病治療中に間食をする場合は必ず主治医と相談してください。間食をすることによって治療の効果が下がってしまったり、一日の総摂取カロリーが変わってしまうので、自己判断で間食を取り入れるのはやめましょう。どうしても間食をしないとつらい場合などは、まず主治医と相談しましょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_1476.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

時には甘いものを食べるのあり?!糖尿病患者が食事療法をする上で気をつけるべき点

糖尿病の治療と言えばインスリン注射、そして食事制限や運動による治療があります...

糖尿病の食事治療によく使われる「食品交換表」とは?食事療法について

    食品交換表の目的は1日の摂取カロリーが限られている中で、バランスよく...


糖尿病では一日の摂取カロリーを抑えることが大切!

  糖尿病の食事療法では、何と言っても「1日の食事のカロリー量(エネルギー...

糖尿病の食事療法におけるおやつや市販のお菓子との付き合い方

  糖尿病における食事療法で、一番大切なのは継続することです。   食...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る