カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 症状 >
  5. 不眠が血糖値を上げる!?眠れない・・糖尿病と睡眠障害について

生活習慣病

不眠が血糖値を上げる!?眠れない・・糖尿病と睡眠障害について

 

 糖尿病になると、普通の人よりも寝つきが悪い、夜中に起きる、眠れないなどの睡眠障害をうったえる方が多いです。糖尿病と睡眠障害にはどのような関係があるのでしょうか。

 

 

◆糖尿病と睡眠障害

 

HbA1c(ヘモグロビンAlcのことで、過去1~2か月の血糖値の平均を反映する数値)が高い人ほど寝つきが悪い傾向があることがわかっています。糖尿病になると、神経障害はじめ、さまざまな身体的異常が起こり得ます。手足のしびれや痛み、頻尿、胃腸障害や発汗異常などが睡眠を妨げる原因になってしまうのです。また、病気に対する強い不安やストレスも不眠につながっているようです。

 

◆糖尿病に不眠が与える影響

 

不眠が血糖値を上げ、糖尿病になるリスクを高めることがいくつもの研究によりわかっています。たとえば、1日の睡眠時間が5時間以下の人は7時間を超えている人よりも5倍も糖尿病の発症リスクが高いのです。また、睡眠不足がホルモンバランスや自律神経の乱れを悪化させてしまうこともわかっています。糖尿病の方は、医師に血糖値のことは相談しても睡眠障害のことをうったえる人は少なく、未治療のまま過ぎていくことが多いようです。質の良い睡眠はあらゆる病気を防ぐ基礎になるほど大切です。血糖とも大きくかかわっていますので、糖尿病の方で不眠や睡眠障害がある人は主治医に相談し、なるべく早く解決するようにした方が良いでしょう。

 

◆どうやったら眠れるようになる? 

 

病気に対する不安やストレスからの不眠に焦点を当て、ハーブやアロマオイルでの不眠症の緩和方法をお教えします。 ストレスや不安からの不眠に効くハーブはオレンジフラワー、ジャーマンカモミール、そして意外にもペパーミントが効果的です。ペパーミントは胃腸障害にも効果がありますので、糖尿病からの下痢や便秘がある人には特によいでしょう。またセントジョーンズワートは軽~中度のうつ症状に効果的と言われています。アロマオイルでは自分の気に入った鎮静系のオイルを寝る前に部屋に焚いて寝るのがよいでしょう。ラベンダー、ローマンカモミール、マンダリン、ジャスミン、レモンバームなどが特に効果的です。

 

睡眠は糖尿病の方にとっては特に大切なので、なるべく質の高い睡眠をとれるように、主治医と相談したり、アロマオイルやハーブなどのリラックス作用があるものなどを取り入れて、自分なりに睡眠環境を整えてみましょう。

 

※参考

糖尿病情報BOX&Net-No.18:[//www.dm-net.co.jp/box/200810/no18-2.pdf]

毎日新聞online:[//mainichi.jp/opinion/news/20120305k0000m070114000c.html]

片山隆司・貴堂明世(2012)「図解でわかる糖尿病」主婦の友社

(Photo by: [//www.photo-ac.com/])

 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

糖尿病の3大合併症「しびれ」ってどんな症状?

  糖尿病にはさまざまなサインがあります。 初期症状に気付き、適切に対処すること...

緩徐進行型1型糖尿病と劇症1型糖尿病…1型糖尿病の原因とは?

    最近話題となっている糖尿病は2型に分類される糖尿病であり、食生活...


疲れやすい、だるい・・・見逃しやすい糖尿病の初期症状!

    ◆糖尿病と自覚症状   糖尿病は高血糖の状態が続いたり、インスリ...

体重減少、疲れやすい、目のかすみは2型糖尿病が原因かも?!

糖尿病の中でも特に多いのが、2型糖尿病。糖尿病患者の実に95%が2型糖尿病だ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る