カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 眠れない・・何度も目が覚める・・糖尿病の睡眠障害を防ごう!

生活習慣病

眠れない・・何度も目が覚める・・糖尿病の睡眠障害を防ごう!

睡眠の質が普通の人より低下することが知られている糖尿病患者ですが、血糖コントロールがうまくいっていない人ほど、不眠などの睡眠に関する悩みを多く抱えていることがわかっています。

 

◆睡眠障害になりやすい原因

睡眠障害におちいる原因は、病気に対する不安や食事管理などに対するストレス、糖尿病合併症による神経障害から、頻尿や胃腸障害、手足の痛み、しびれなどのさまざまな身体的異常が現れることによると考えられます。また、肥満のある人に睡眠時無呼吸症候群が多いことも指摘されています。さまざまな合併症や睡眠障害などを緩和する意味でも、血糖コントロールに真剣に取り組むことはとても大切と言えます。

 

◆睡眠障害の危険性

睡眠障害と糖尿病の関係はよく指摘されるところで、睡眠時間が短いと高血糖やインスリン抵抗性などの原因となることがさまざまな研究からわかっています。しかし、睡眠時間が短すぎても長すぎても糖尿病のリスクは高まり、7~8時間の睡眠がいちばんよいと言われています。よって、血糖コントロールの結果を良好に保つためにも、睡眠障害を解消することはとても大切であり、たかが睡眠と思わずに、主治医にしっかり相談して早めに解決しましょう。

 

◆どうしたら睡眠の質を改善できるか

質の高い睡眠を得るためには以下のことに注意してみましょう。基本的には睡眠のリズムを保つために、朝は朝日をあびて覚醒し、昼に運動、夜は刺激を控えてリラックスすることを心がけるなど一日のリズムにめりはりをつけましょう。

 

・起床時間を一定にして、起きたら朝日をしっかり浴びる。

 

・食事の時間を一定にし、朝食を抜かない。

 

・日中適度な運動をする。

 

・カフェインを含む飲み物、アルコールを控える。

 

・寝る前から部屋を少しうす暗くしておく。

 

・寝る前にぬるめのお風呂に入る。(熱いお風呂は逆効果です)

 

・アロマオイルなどでリラックスする。

 

睡眠障害は糖尿病の治療を困難にし、さまざまな合併症に発展する確率の高めます。質の高い睡眠は健康に欠かせない一要素ですので、血糖コントロールと同じくらい重要なものと意識して、睡眠環境を整えましょう。

 

 

糖尿病を悪化させないための7か条!食事療法と運動療法のコツ

 

 

■食事療法と運動療法は何の効果があるの?

食事療法は・・・

食べ過ぎによるエネルギーの摂り過ぎをなおし、血糖をコントロールするためです。

 

運動療法は・・・

ブドウ糖(血糖)の利用を増やし、インスリンの効きを良くし、血糖をコントロールするためです。

 

■食事療法のコツ

・1日に食べられるエネルギー摂取量を決めます

 

・腹八分目をめやすに、脂肪分は控えめにします

 

・いろいろな種類の食品をバランスよくとるようにします

 

・1日3食をきちんとゆっくり良くかんで食べます

 

■運動療法のコツ

・運動して問題ないかを診断してもらいます

 

・有酸素運動(エアロビクス)が適しています

 

・最高にきついときの脈拍数を100%とすると、40~60%の強さ(楽にできる~ややきつい)がすすめられます

 

・日常生活の中に組入れ、できれば毎日行ってください

 

■糖尿病を悪化させないための7か条

1 定期的に受診し、検査を受ける

 

2 軽いうちから血糖コントロールをきちんとする

 

3 食べ過ぎ、運動不足を改める

 

4 ふとらないように気を付ける

 

5 血圧や血清脂質も上がらないようにする

 

6 ストレスを減らし、きそう正しい生活を送る

 

7 民間療法にまどわされないように気を付ける

 

 

糖尿病対策に青汁は効く?青汁の糖尿病改善効果、そして注意したい点とは

糖尿病の境界型というのがあります。「それって糖尿病ではないんでしょ?」と思いますか?

「まだ大丈夫だけど、このままいくと糖尿病」ということは、そのままではいずれ糖尿病になるということです。決して軽く考えてはいけません。

今回は、糖尿病予備軍の方におすすめする青汁の効果についてご紹介します。

 

糖尿病予備軍は「もう危ない」

「まだ糖尿病じゃないけど糖尿病になるかもしれない」と言ってしまうと、ちょっと油断してしまいますよね。

糖尿病予備軍と言われたとき、しっかりと生活の改善をしておけば糖尿病を発症しなくて済むかもしれません。

ですが、そのままの生活を続けていけば、加齢によって血管も弱くなっていき、いずれは糖尿病を発症する危険が増していきます。

では、あなたはどんな糖尿病対策をしますか?

 

糖尿病に「青汁」は効果的?

健康のためにできることというと、青汁が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか?

糖尿病というくくりから外れても、青汁は健康促進に役立ちます。

では特に糖尿病に関してはどうなのでしょう?

 

1.食物繊維が豊富で効果的

多くの食物繊維は、血中の余分な糖を体外に排出する作用があります。そのため、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

普段の食事で野菜不足、食物繊維の不足を感じている方は、特に嬉しいですね。

 

2.桑の葉の成分が効果的

青汁にはいろいろとありますが、桑の葉が含まれているものがよいです。

桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシン(DNJ)には、糖の吸収を穏やかにする作用があるためです。

 

3.ゴーヤの成分が効果的

ゴーヤに含まれるチャランチンという成分には、インスリンの分泌を促す働きがあるとされています。

さらに、コロソリン酸という成分には植物インスリンと言われる、インスリンに似た働きをする成分が含まれています。

 

糖尿病への改善効果を期待するのであれば、桑の葉の成分・ゴーヤの成分が含まれていることが外せないでしょう。

 

ただしこんな点に注意

青汁と言っても色々と種類がありますよね。そんな中、選び方や飲み方にも注意が必要です。

 

1.糖質の少ないものを選ぶ

青汁の中には飲みやすさを増すために、はちみつやフルーツ、糖質の多い野菜などを加えているものもあります。

そうすると、思いのほか糖分を多く摂取してしまいますので、注意しましょう。

 

2.飲むのは食前か食中

ベジタブルファーストの食べ方は、最初に野菜を食べることで血糖値の上がり方を緩やかにします。これは青汁の場合も同じです。

出来るだけ食事の前に青汁を飲むことによって、糖尿病対策としての効果を期待できます。

 

3.薬のような効果はありません

もし食べる量が多く、ジャンクフードばかり食べているのでは、青汁を飲んでもあまり効果はないでしょう。

あくまでも補助的なものと心得ておきましょう。

 

まずは清涼飲料水→青汁から

青汁を飲んでいるから糖尿病対策は大丈夫とはなりません。

ですが清涼飲料水を飲んでいる人が、それを青汁に変えるのなら大きな意味があります。

飲み物を変えるくらいなら手軽にできると思いますので、ぜひトライしてみてください。

 

 

正しく知ってる?色々な血糖値の「正常値」!あなたの血糖値を比べてみて!

あなたの血糖値は正常ですか?そもそも血糖値の正常値がいくつか知っているでしょうか?

 

実は血糖値にはいくつかの種類があります。

 

そのため、ひと口に血糖値と言っても、ひとつの数字だけを見ればよいということではないのです。

 

 今回は、血糖値の正常値についてご紹介します。

 

変動する血糖値

血糖値は生活の中のいろいろな出来事によって変動するものです。

そのため一回健康診断で出た血糖値が良かったから、それでいいということではなく、悪かったからダメとも一概には言えません。

 

色々な種類の血糖値

ではどんな血糖値があるのでしょうか?

また、それらの血糖値の正常値はいくつなのでしょうか?

 

・空腹時血糖値

これは単にお腹が空いているときに測定したということではなく、9時間絶食した後に測定した血糖値のことです。

日本糖尿病学会が出している基準は以下のような数字です。

 

80~110mg/DL … 優

 

110~130mg/DL … 良

 

130~160mg/DL … 可

 

160mg/DL以上 … 不可

 

空腹時血糖値が126mg/DL以上の場合糖尿病が疑われます。

 

・75gOGTT2時間値(食後血糖値)

75gOGTTはブドウ糖負荷試験とも言います。75gのブドウ糖を摂取した状態で測定した血糖値のことです。

 

同様に基準の数字は以下のようになります。

 

80~140mg/DL … 優

 

140~180mg/DL … 良

 

180~220mg/DL … 可

 

220mg/DL … 不可

 

75gOGTT2時間値が200mg/DL以上の場合糖尿用が疑われます。

 

・HbA1cの数値(過去30~60日の平均血糖値)

血糖値は変動するものですが、この数値では過去30~60日の平均の血糖値を知ることができます。

 

HbA1cというのは、血中にあるヘモグロビンとブドウ糖が結合したものです。

 

これは結合すると120日間は結合したままです。そのため過去の血糖値の値を知ることができるのです。

 

測定時の血糖値が優でも、このHbA1cの数値が高ければ、その日の数値がたまたま低かったという可能性が出てきます。

 

日本糖尿病学会が出している基準値としては以下のような数値です。

 

 

6.2%未満 … 優

 

6.2~6.9% … 良

 

6.9~7.4% … 可(不十分)

 

7.4~8.4% … 可(不良)

 

8.4%以上 …不可

 

となります。お医者さんでは6.5%以上になると糖尿病が疑われます。

 

数値を組み合わせて判断する糖尿病

これらの数値ひとつでは糖尿病を診断することはできません。

こうした数値をいくつも重ねて診て、最終的に糖尿病を診断するのです。

また、こうした数値はときどき検査施設によって異なることもあります。

 

今の段階で病院に行ったりする数字ではなくても、正常値に照らし合わせて「優」に入るように対策してもよいでしょう。

(Photo by: [http://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_8713.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖尿病に関する記事

GI値の定義や計算式って?糖尿病改善の基礎知識!

同じカロリーでも血糖値の上昇が緩やかなメニューと急激に上昇させるメニューがあ...


食後の高血糖上昇を抑えるには?

糖尿病と低血糖症 糖尿病は血糖値が高止まりして、心筋梗塞や脳卒中などの危険...

糖尿病合併症「胃不全麻痺」とは!「腎不全」合併すると平均余命は5~10年!?「糖尿病性腎症」透析はいつから必要?

糖尿病の影響でお腹が痛くなることがあります。糖尿病の合併症としては、血管が障...

カラダノートひろば

糖尿病の関連カテゴリ

糖尿病の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る