カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 症状 >
  5. 糖尿病になるといつも眠い…血糖値の上がり下がりが関係!?

生活習慣病

糖尿病になるといつも眠い…血糖値の上がり下がりが関係!?

 

 

糖尿病になると、日中ずっと眠気があり、だるくてやる気が出ない、などとうったえる人が多いです。それはどういった原因が考えられるのでしょう。

 

 

◆いつも眠いのはどうして? 

 

糖尿病になると併発することが多いさまざまな神経障害から、睡眠の質が低下したり、肥満が主な原因となって睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を起こす人が多いということが理由のひとつに考えられます。睡眠の質を低下させる恐れがある糖尿病の神経障害には以下のようなものがあります。

 

・手足が痛い、しびれる

・吐き気、胃もたれ

・便秘、下痢などの胃腸障害

・発汗異常

・顔面麻痺

・こむら返り

・膀胱障害

 

◆高血糖と食後の眠気の関係

 

健康な人でも、ご飯を食べた後は眠くなることがよくあります。それは、血糖値の上昇とは関係がない場合が多く、消化のために内臓に血液が集中し、脳に血液があまり行かなくなるために、ぼーっとしたり眠気を感じたりするのです。

ところが糖尿病の人が食後に特に強い眠気に襲われる場合は、血糖値の極端な上がり下がりが関係しています。食後は誰でも血糖値が上昇しますが、糖尿病や糖尿病予備軍の人は血糖値の上昇が普通の人よりも大きいのです。そこでインスリンの働きや血糖値を下げる薬などにより血糖値が下がり、低血糖状態になったときに眠気を感じやすくなります。また、高血糖そのものが眠気を誘う要因となっている場合もあり、食事制限により普段から血糖コントロールをしている方が、たまに糖分の多いものなどを口にすると、一気に血糖値が上がり、それ自体が体に負担となり激しい眠気に襲われるようです。

 

◆質の高い睡眠と血糖コントロールが大切

 

日中の眠気を解消するには、きちんとした血糖コントロールにより神経障害などの合併症を防ぎ睡眠の質を保つこと、血糖値の上がり下がりをできるだけ減らすことが鍵となります。睡眠障害は血糖値のコントロールがうまくいかなくなる原因とも言われているので、できるだけ良質な睡眠を確保しましょう。そして、不眠などで悩まれている方は積極的に主治医に相談しましょう。

 

糖尿病だけでなく、さまざまな生活習慣病は睡眠障害により起こりやすくなることもわかっています。良質な睡眠は健康なからだを作る基本だということを認識しましょう。

 

(Photo by: [//www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

チェックしよう!糖尿病の初期に現れやすい症状について

  糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の数値)が異常に高い状態のことを表します...

空腹なのに朝の血糖値が高い?!糖尿病の暁現象とソモジー効果とは?

糖尿病で血糖を測定していて、夜よりも朝の方が値の高い人は、暁(あかつき)現象か...


全身かゆい…かゆみが長く続く…そのかゆみ、もしかしたら原因は内臓疾患かもしれません!

皮膚が乾燥したり、アレルギー症状としての皮膚のかゆみはよくあります。   ...

疲れやすい、だるい・・・見逃しやすい糖尿病の初期症状!

    ◆糖尿病と自覚症状   糖尿病は高血糖の状態が続いたり、インスリ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る