カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 歯が痛くて熱が出る理由と対策

気になる病気・症状

歯が痛くて熱が出る理由と対策

歯の痛みと熱は一見関係ないように見えますが実は歯の痛みと熱を同時に体験しているという方も少なからずいるようです。歯の痛みによる発熱、もしくは発熱による歯の痛みのメカニズムと対策方法を見ていきます。

 

●発熱による歯の痛み

風邪やインフルエンザになると体にさまざまな症状が出ます。吐き気やのどの痛み、頭痛などのほかに筋肉痛のような痛みが手足に出たり、全身がだるくなることもあります。そして、実は歯痛も風邪やインフルエンザの症状のひとつです。

風邪やインフルエンザになると全身の血流が低下しやすく、歯にも十分な血流が行き渡らないため栄養分の受け渡しや不要物の交換が上手く出来ずに痛みが起きると考えられています。

風邪やインフルエンザで一時的に歯が痛む場合は熱が下がれば痛まなくなるので原因となっている風邪・インフルエンザをしっかり治すことが大切です。

 

●歯の痛みによる発熱

発熱による歯の痛みよりも心配なのが歯の痛みによる発熱です。風邪のような症状は特になく、先に歯が痛みだしたという方は要注意なのです。というのも歯の痛みによる発熱は虫歯の可能性が高いからです。

虫歯が歯の神経にまで達して神経自体が腐ったり神経に炎症が見られる場合は炎症による発熱が症状として出てくるケースもあります。

 

●早めに病院へ

歯の痛みによる発熱が出ている状態は虫歯が相当進んでいる可能性も高いです。出来るだけ早めに病院へ行って治療を受けることが重要となります。

土日などで病院に行けないという場合は市販の鎮痛薬を使って一時的に歯の痛みを抑える、解熱剤で熱を下げるという手もありますがあくまで一時的な方法であることを覚えておきましょう。

 

歯の痛みによる発熱は虫歯が進行して神経に炎症を起こしている可能性があるため、早めに病院へ行って治療を受けましょう。

一方で発熱によって起きる歯の痛みは一時的なものの場合がほとんどですのでまずは風邪やインフルエンザなど発熱の原因になった病気を治しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/01-373462.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

夏の疲れを「舌」の状態で判断!舌のチェックの仕方・舌の状態と体の状態の関係

自分の体調は自分が一番理解しているといいますが、理解しているつもりでも知らない...

ふけ顔に見られる原因は片側噛みが原因!?

  「実年齢よりも老けて見られる」「なんだかこのごろ顔が老けた気がする」と感じ...


歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓が...

片側噛みが虫歯を発生させる?! 片側噛みの影響って?

  普段のクセで左右どちらかの歯で食べ物を噛む習慣がある人は多くいます。むしろ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る