カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. お通じ記録 >
  5. 新米ママさん必見!赤ちゃんの生活リズムをつけよう お通じ記録

健康診断・健康管理

新米ママさん必見!赤ちゃんの生活リズムをつけよう お通じ記録

 産後まもない赤ちゃんは、1日での授乳の回数や寝る時間もまちまちですよね。育児に励むお母さんは「こんな昼夜逆転の生活はいつまで続くの?」と、途方に暮れることが多いでしょう。そこで、赤ちゃんの生活リズムをつける方法をご紹介しますので、是非参考になさってくださいね。

 

◆用意するもの

まず最初に、24時間の予定が書き込める手帳とボールペンを用意して下さい。24時間記載できるタイプならどのような手帳でも構いません。自分に合った手帳を探してみましょう。

 

◆すること

・ステップ1 赤ちゃんに朝や夜を感じさせよう

朝起きたら、まずはじめに赤ちゃんの部屋の電気を一斉につけて下さい。また、夜お風呂に入ったの寝る時間には、電気を全部消すか豆電球のみにするなどと大人が寝るのと同じ暗さにして下さい。

 

こうすることで、赤ちゃんも昼と夜があることがわかってくるんですね。そうすると夜も比較的長い間寝てくれるようになります。

 

・ステップ2 授乳時間とおむつの時間、その内容を記入しましよう

いつ授乳したか、いつおむつを替えたか、またおむつを変える時に排泄物を観察しその内容などを記録します。記録の仕方は自分さえ分かればなんでもいいので、自分で自由に決めて頂いて構いません。

 

◆どれくらい続ければいいの?

この方法ではもちろん数日後すぐにで効果が出るわけではありません。ですが1週間ごとに次第に赤ちゃんがペースをつかんでくるのが記録からもわかるようになります。

個人差はあるものの、だいたい2ヶ月を過ぎたあたりから、夜中に1回起きるかどうかというくらいになることもあります。

 

ただし、そうなってしまうと母乳育児の人は夜中に母乳を与える頻度がもちろん減ってしまいますので、乳腺炎にならないように十分注意する必要が出てきます。

 

◆無理をしないで赤ちゃんのペースに合わせましょう

少しくらい記録を付け忘れたからといっても気にせず気楽に続けることが大切です。

たとえすぐにリズムがつかめなかったとしてもイライラしてはいけません。赤ちゃんがそのイライラを感じることで、リズムをつかむのに余計な時間がかかってしまいます。リズムがつかめない間も、それが赤ちゃんの個性だと思って付き合って上げるようにして下さい。

 

いつか必ず赤ちゃんが自分なりのリズムをつかむことで、お母さんの負担も減り楽になる日がきっとやって来ます。そしてこの記録手帳が赤ちゃんの素敵な記念品になる日がいつか必ずきます。その日を信じて頑張りましょうね!

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●苦しそうな顔でうなる赤ちゃん、原因は?自宅でできる「お腹のガス対策」3つ

 

(Photo by:足成 )

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お通じ記録に関する記事

それって本当に便秘なの?

    女性は男性に比べて、とかく便秘に悩まされがちです。 それはもと...

あなたの便秘対策、間違ってるかも!?正しい改善方法を知っておなかスッキリ!

毎日お通じがないとすっきりしない。だから、便秘対策のために、自分はこんなことを...


お通じで自分の健康状態を把握しよう!お通じ記録の項目について

  お通じに関しては、記録をとっていなければ今日お通じがあったっけ?先週、下痢...

お通じ記録で食生活の改善と便秘解消!便をチェックして健康管理

    便秘解消の意識改革と食生活改善にお通じ記録を活用しよう!   女...

カラダノートひろば

お通じ記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る