カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 数値記録 >
  4. お通じ記録 >
  5. 排便日誌って何?排便ケアのためにやってみよう!

健康診断・健康管理

排便日誌って何?排便ケアのためにやってみよう!

 

排便日誌は排便ケアを進めていく上で非常に役に立つ記録であるとともに、ケアカンファレンスにおける重要な分析の根拠にもなります。

こちらでは排便日誌の特徴についてご紹介します。

 

◆排便ケアを助ける排便日誌

排便ケアを薦める上で、排便日誌は極めて重要な記録になります。排便日誌からは、IN(体に取り入れたものとその摂取量・時間など)とOUT(排泄物をした時間・量・内容など体から出た物に関すること)の相関関係が見て取ることができます。

 

・INの記録

・食事をとった時間

・その摂取量と内容、状況

・水分摂取の時間・量

・下剤の種類・量・その投与時間

以上のことが大切になってきます。これに加えてその他全身疾患の治療薬の服用記録も重要です。というのも服用している薬の作用による排便障害も念頭に置く必要があるからです。特に、自律神経に作用する薬は、消化吸収だけでなく腸管のせん動運動にも影響を与えますので注意が必要です。

 

・OUTの記録

・排便の周期

・排便をした時間、便の量、また便の性状

・便失禁の有無

などですが、特に大切なのは便の性状を把握することです。

 

排便コントロールとは、便の性状コントロールと言っても過言ではありません。便のもととなる食事量や繊維質が減少すれば、便の量が減るだけではなく、排便回数も比例して減ります。ですから1週間に1度しかない排便の場合でも、膨満感や腹痛などの不快感を伴わずに、普通の便が定期的に排便されているのならば、便秘の処方が不要な場合もあります。

 

3~4日間排便がないと、まず出すことを目的として刺激性下剤が投与されることが多く、泥状便や水様便でも排便がないよりはマシか、というケアには問題があります。健康な排便は、形のある便を出すことだと言っても過言ではありません

 

排便周期を把握し、その便の性状から「形のある便」の排便を目指していくのが、最も理想的な排便ケアです。そのケアを促進するためにも排便日誌は欠かせません。ですから便通にお悩みの方は一度排便日誌を付けてみるのをお勧めします。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/06/15-348013.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お通じ記録に関する記事

あなたの便秘対策、間違ってるかも!?正しい改善方法を知っておなかスッキリ!

毎日お通じがないとすっきりしない。だから、便秘対策のために、自分はこんなことを...

お通じ記録で食生活の改善と便秘解消!便をチェックして健康管理

    便秘解消の意識改革と食生活改善にお通じ記録を活用しよう!   女...


排便習慣は大切!

   あれ? 今日、トイレに行ったっけ? もしかしたら……もう3日以上、便意...

便秘は美容の大敵!アプリを使ったお通じ記録で健康状態を確認

    みなさんは毎日お通じがありますか? 便秘は美容の大敵です。便秘によ...

カラダノートひろば

お通じ記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る