カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ブリッジ >
  5. 保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

気になる病気・症状

保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

 

ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験をした人は多いと思いますが、削ってそのままにしておくわけにはいきません。削ったままだと歯のかみ合わせが悪いという問題も出てきます。

ブリッジ治療では削られた歯の両隣の歯にかけるようにしてかぶせ物をします。銀歯と呼ばれることもあります。

 

●保険適用内・保険適用外のブリッジ

歯科治療には保険適用内の治療と保険適用外の治療があります。例えば一般的な虫歯は保険適用内の治療ですがホワイトニングをする場合は全面的に保険適用外となるといった具合です。

ブリッジの場合は保険適用内と思われがちですが保険適用外の可能性もあります。セラミックブリッジや保険適用内設計ではない特殊なブリッジを使う場合は保険外診療となりますので注意が必要です。

 

●保険適用のブリッジ治療費用

保険適用内のブリッジの治療費用はその場所によって異なります。奥歯の欠損の場合が最も格安でブリッジ治療のみ(その他処方などを除く形)であれば11000円で治療を受けられます。

一方で保険適用の中でもブリッジ治療費用として高いのは前歯にブリッジをかけるときです。笑った時に見える犬歯までの歯にブリッジをかける場合は保険適用でも38000円の治療費がかかります。

 

●保険適用外のブリッジ治療費

セラミックなどの素材を使ったブリッジ、通常のブリッジとは形の違うブリッジを用いた保険適用外のブリッジ治療費は当然ながら保険適用内のブリッジ治療費よりも高額になります。

保険適用外のブリッジ治療費の目安は最低でも15万円と言われています。

保険適用内と同じで奥歯のブリッジが最も格安です。

一方で高額なものになると80-90万円程度の費用が掛かることもあります。こちらは前歯のブリッジを保険適用外で行った場合です。

 

歯のブリッジ治療は保険適用の場合もあればそうでない場合もあります。保険適用なら最安値で11000円から、保険適用外は最安値で15万円からです。保険適用外で高額なケースだと80万円を超えることもあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/14-357703.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ブリッジに関する記事

「ブリッジの後に口臭がきつくなった!」ブリッジをすると難しい口内の掃除とは?

  抜歯をした後は、その抜いた歯の機能を人工の歯で補ってあげる必要があります。...

ブリッジをするにはどんな問題があるの?

  虫歯の進行や歯周病の悪化などによって、やむなく抜歯をするというケースがありま...


ブリッジで生じる「口臭問題」…ブリッジでたまる汚れはココの汚れに特に注意して!!

  ブリッジというのは欠損歯を補う治療法のひとつです。欠損歯を両脇の歯に支えて...

失った歯の機能を取り戻す!「ブリッジ」の治療って具体的にどうやって進んでいくの?

  何らかの理由で歯を抜いた場合、その抜いた場所をそのままにしておくと隣の歯が...

カラダノートひろば

ブリッジの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る