カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病の治療~しびれ改善の薬紹介~

生活習慣病

糖尿病の治療~しびれ改善の薬紹介~

 

 

糖尿病による身体症状のうち、もっとも多いのが手足のしびれです。病院では血糖値を下げるための薬のほか、しびれを改善するための薬も処方されます。処方された薬の効用を知っておきましょう。

 

【しびれの治療】


血糖値を下げるための治療として、糖分を控えた厳しい食事制限が始まります。またインスリンの分泌や、糖分の処理を促す薬が処方されます。糖尿病治療を開始してすぐは、神経の働きが戻ってしびれを強く感じることがありますが、治療の継続によって軽減されることもあります。経過を観察し、必要に応じてしびれの治療薬が処方されます。

 

①キネダック
効用:血液中のブドウ糖がソルビトールに変換する働きを阻止します。ソルビトールは末梢神経障害の元となるので、その量をある程度抑えられます。

備考:日本で使用されている代表的な薬です。副作用のリスクが少なく、糖尿病治療薬として一般的に処方されています。尿の色がオレンジ色に変わりますが、薬の色なので心配いりません。

 

②デュロキセチン(抗うつ薬)
効用:神経伝達物質ノルアドレナリンとセロトニンの濃度が高くなることで自律神経の伝達を活発にします。

気分が落ち込んだ時、やる気が出ないときに処方されます。緊張や不安をほぐします。

備考:気分を高める作用があるため、気持ちにムラがある・かえって緊張やイライラを感じるなど副作用が出る可能性もあります。服用には抗うつ薬であることの認識が必要です。異常があればすぐ医師へ報告して下さい。

 

※なぜ抗うつ薬なのか
糖尿病性神経障害で自律神経の伝達が遅れることも、しびれや痛みの原因です。そこで神経伝達物質の量を増やすよう脳に働きかけるために、抗うつ薬が有効と言われています。 

 

③メチコバール(神経痛の薬)
効用:ビタミンB12の部類であるメコバラミンが入っています。ビタミンB12は血液を作る作用があり、不足すると末梢神経の働きが悪くなるため、これを増やして神経障害を改善します。糖尿病だけでなく整形外科の治療や神経痛などに広く使われています。

備考:強い薬ではないため、効果が出ないこともあります。またこの薬に限らず、食事からもビタミンB12を摂取するようにしましょう(レバー・魚介類・乳製品・卵など)。

 

 

~糖尿病のしびれは頑固~
糖尿病によるしびれは、薬を飲んでもなかなか症状が改善されない人が多く、特効薬がないのも事実です。血糖値が下がってすぐに楽になる人もいれば、治療を続けても治まらない人もいます。不整脈の薬や神経痛の薬などがしびれにも効く場合があり、個々において効く薬も違うので、医師の判断によって適切な薬を処方してもらいましょう。

 

(photo by//www.ashinari.com/2013/02/28-376735.php

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

1型糖尿病と2型糖尿病では使う薬が違う!仕組みと治療薬の違いとは?~糖尿病の薬物療法~

糖尿病には大きく分けると1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病と2型糖...

食後に飲むことが多い薬…でも糖尿病の薬に多いのは食前に飲む薬!その理由とは?

飲み薬の袋に「食前に飲んでください」って書いてありませんか?多くの薬は食後に...


HbA1c値を下げる糖尿病治療薬「ビクトーザ」とは

  糖尿病診断の重要な確認項目であるHbA1cの値は、血液内にあるヘモグロビン...

新しい糖尿病治療薬「GLP-1受容体作動薬」!いったいどんな薬?

  糖尿病に使用する薬というと、まず出てくるのがインスリン製剤だと思います。糖...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る