カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病合併妊娠と妊娠糖尿病~多い羊水と胎児過剰発育は注意!

生活習慣病

糖尿病合併妊娠と妊娠糖尿病~多い羊水と胎児過剰発育は注意!

  

糖尿病とは、血糖値を抑えるために分泌されるインスリンを作っている、すい臓のβ細胞になんらかの原因で異常がおき、高血糖の状態が続くことをいい、治療せずに放置することで、さまざまな合併症を引き起こします。

 

妊娠中の糖尿病と妊娠糖尿病

糖尿病を未治療で妊娠することは母体と胎児両方に大きなリスクと障害をもたらす可能性があるため、絶対に避けなければいけません。

 

妊娠糖尿病とは、妊娠が原因で起こる糖の代謝異常により、妊娠前は健康だった人に糖尿病のような症状がでることをいいます。こちらも血糖値をコントロールすることが安全な出産をおこなうためには不可欠ですが、糖尿病合併妊娠よりはリスクが低いです。

 

現在では妊娠前からの血糖コントロールと合併症の治療がうまくいっていれば、正常な妊婦と同じように出産をすることが可能です。

  

妊娠中に糖代謝異常が起こりやすいのはなぜ? 

すが、妊娠中は誰もがこのような状態になります。そこで、正常な妊娠糖尿病は普通の糖尿病と同じく年々数が増えているそうです。妊娠糖尿病になると羊水が多くなったり、胎児が過剰発育したり、それに伴う難産などのリスクが上がりますが、糖尿病合併妊娠より比較的血糖コントロールがしやすいといわれています。

 

妊娠すると、胎児が大きくなるにつれて通常よりも多くのエネルギーを必要とします。ですが、ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤から分泌されたり、胎盤でインスリンを壊す酵素が作らるため、インスリンが効きにくい状態になるのです。この状態をインスリン抵抗性が強いと言いま糖代謝能力のある妊婦さんは、インスリンの分泌を増加させて対処しますが、糖代謝に異常のある妊婦さんは、血糖値が上昇し、妊娠糖尿病と呼ばれる状態になってしまうのです。

 

妊娠中の血糖管理について 

妊娠中はインスリン抵抗性が高まり、血糖値が上がりやすいにも関わらず、母体から胎児への糖の供給がなされるため、低血糖にもなりやすいです。そのため、妊娠中の血糖値は乱れやすい状態にあります。

 

妊娠糖尿病の場合は食事管理と運動療法、場合によってはインスリン療法により血糖管理をおこないます。糖尿病合併妊娠は多くの場合、食事管理だけでは血糖コントロールが困難な場合が多く、そのときはインスリン療法がおこなわれます。経口薬は胎盤を通して胎児に影響を与える可能性があるため、妊娠中の薬物療法はインスリン注射が基本です。

 

妊娠中は健康な人でもインスリン抵抗性が高まり、糖尿病のような糖代謝異常を起こす可能性があります。

また、糖尿病の初期は自覚症状があまりないことから、妊娠してから糖尿病が発覚するケースも多いようです。その場合、胎児の奇形などの原因となるので、親族で糖尿病患者がいる方は妊娠をする前にあらかじめ検査をした方がよいでしょう。

 

(Photo by: [//free-photos.gatag.net/tag/%E5%A6%8A%E5%A8%A0-%E5%A6%8A%E5%A9%A6])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

母親が1型糖尿病だと、子どもは2型糖尿病になるの?!

2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れや肥満の他に、遺...

母体が高血糖のとき、低血糖のとき、胎児への糖の流れはどうなっているの?

   糖はエネルギーです。それは母体にとってもそうですし、胎児にとってもそうで...


糖尿病には玄米食がいい?食後の血糖値を上げ過ぎないために

      糖尿病には幾つかの種類があります。それは、1型糖尿病、2型糖尿病、妊...

糖尿病で医療費がかさむ・・・医療費負担を軽減しよう!高額療養費制度について

糖尿病の医療費負担は決して軽くはありません。人によっては年間で10万円以上の医...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る