カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 低温やけど(熱傷) >
  5. 今の時期が一番危険?低温やけどを防ぐには

気になる病気・症状

今の時期が一番危険?低温やけどを防ぐには

 

火傷は熱傷ともいい、お湯や油など様々な原因で生じる体表組織の局所的損傷です。火傷にも様々な種類の火傷があり、その一つが低温やけどです。

 

火傷のメカニズム

 

人間が暖かいと感じる程度の温度であってもその熱源を体の同じ部分に長い間接触することでも火傷が生じてしまいます。具体的には、摂氏60度前後で約1分程度、50度前後で約3分、45度程度でも約6時間同じ部分に接触させていると火傷になってしまうのです。もっと高温の場合ですと、その熱源に接触することで、すぐに熱いと感じてそこから離れることができますが、低温やけどの場合、その熱源は大変心地よい温度なので火傷を自覚するのが遅れてしまうのです。

 

低温やけどを防ぐためには

 

低温やけどを予防するためには以下の点について気をつける必要があります。

  • 湯たんぽはバスタオルなどの布にくるんで利用する
  • コタツやホットカーペットの上で寝ない。起きているときも、肌が直接これらに触れないよう、タオルケットや座布団などを利用する。

特に、低温やけどを予防する上で大変重要なのは、長時間熱源に接してしまうそもそもの原因を防ぐことです。疲労がたまっていたり、お酒を飲んで酔っているとこうした熱源に接したまま長時間たってしまいます。このような場合、寝ている間に低温やけどが進行しますので、注意しましょう。   また、家族の助けも重要です。家族の中で、コタツやホットカーペットの中で寝てしまっている人がいたら、注意してあげましょう。またなかなか動くできない、乳幼児やお年寄り、病人の方が寒さのためこのような熱源を利用している場合は、周りの家族の注意が必要となります。

 

最後に

 

低温やけどは自分自身の注意と家族の協力で予防することができますので、特に寒くなる秋から冬にかけては、特に気をつけましょう。  

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/15-375107.php?category=20)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけど(熱傷)に関する記事

ポカポカ温度でも要注意!見逃しやすい低温やけどについて

  カイロや湯たんぽ、スイッチを入れるだけですぐ温まる電熱式のブランケット...

誰でもなり得る低温やけど。ならないために気を付けることは?

  低温やけどは、心地よいと感じる温度でも、長時間肌に当てていることによっ...


低温やけどの危険性は、どんなところに潜んでいるの?

  低温やけどの原因となるのは、身近な「あったかグッズ」。正しく使えば暖か...

低温やけどの応急処置の注意点

    低温やけどでは、快適だと思える程度の暖かさであっても、その熱を発している...

カラダノートひろば

低温やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る