カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 低温やけど(熱傷) >
  5. 低温やけどには要注意!特に注意が必要な人とは?

気になる病気・症状

低温やけどには要注意!特に注意が必要な人とは?

 

 

低温やけどは、心地よい温度にも関わらず、熱源と長時間接することで生じてしまうやけどの一種です。低温やけどは44度程度だと3-4時間ぐらいかかりますが、50度を超えると2-3分でも低温やけどになってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

低温やけどにどうしてなるかというと、通常皮膚に伝わった熱というものは、血流によって拡散され、やけどにならないのが普通なのですが、体の一部に熱源があたることでそこに圧力がかかり、熱の拡散がうまくいかないことで、熱がその皮膚の部分に蓄積してしまうからです。特に以下のような人はさらに注意が必要です。

 

高齢者

 

高齢者は体の保温機能が低下する、そして、皮膚感覚が鈍る、といった症状が現れます。そのため低温やけどになる危険性が高いので、注意が必要です。

 

糖尿病患者

 

糖尿病患者は血行が悪く、さらに神経が鈍くなっている場合が多いので低温やけどには十分に気をつけましょう。

 

 

低温やけどの原因では湯たんぽや使い捨てカイロ、電気毛布などの暖房器具から、充電器やノートパソコンといった日常で利用する電気機器も含まれます。特に、暖房器具を用いる場合に気をつけなければならないのは、温めている部分に圧力がかけてはいけません。例えば、はだしの裏に使い捨てカイロを直接張ったり、使い捨てカイロを張った部分をサポーターやガードルなどで圧迫すると血流が悪くなってしまい、低温やけどの原因となってしまうので注意が必要です。

 

さらに靴下用の使い捨てカイロであっても使い方を間違えると低温やけどの原因となります。靴下用の使い捨てカイロは靴の中で酸素が少ない中で利用することを想定して設計されているので、酸素の多い靴の中以外のところで利用すると、想定以上に高温になる場合がありますので、使い捨てカイロに限らずきちんと使用方法を守って利用することが非常に重要です。

 

最後に

 

血流が悪くなるところが低温で温められることで熱が肌に残り、低温やけどが生じてしまうので、きちんと上記の注意点を守って、正しく暖房器具を使いましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/03/01-358544.php?category=20)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけど(熱傷)に関する記事

あなたは大丈夫?低温やけどになりやすい人の特徴

  健康な人にとっては心地よい温度であっても、血行が悪かったり、うまく動け...

皮膚の深い部分までやけどが達している?低温やけどの対処

低温やけどになってしまったら、どんな処置をすればよいのでしょう?そしてどんな...


低温やけどは低温だから大丈夫は大きな間違い!重症化するまで気づきにくいl危険なやけど!

低温やけどと聞くと、低い温度のやけどだからたいしたことはないと思いませんか?で...

本当はこわ~い低温やけどの症状について

今はすっかり有名になった低温やけどですが、実は高温のものを触った時のやけどよ...

カラダノートひろば

低温やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る