カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 低温やけど(熱傷) >
  5. 低温やけどから生ずる危険な症状

気になる病気・症状

低温やけどから生ずる危険な症状

 

低温やけどになってしまって最も気をつけなければならないのは、皮膚の表面に現れている部分だけを見ても、やけどの程度がわかりづらいという点を挙げることができます。

 

 

場合によっては皮膚の壊死も

 

低温やけどになった後、あまり治療をせずに放置してしまって、やけどの症状が悪化した結果、やけどを起こしてから1-2週間後に皮膚が白くなり、さらに黄色っぽい色に変色し、最終的には黒くなることで、結果として壊死してしまうということがあるのです。

 

低温やけどから生じる他の症状

 

低温やけどになってから数日間は雑菌に感染する確率が高く、細菌に感染してしまう可能性があります。その中には、レンサ球菌、緑膿菌、大腸菌、黄色ブ菌、エンテロバクター、変形菌などがあり、感染の原因菌から出る毒素が火傷などとあいまって、全身性炎症反応症候群になる場合があるので、注意が必要です。

 

この場合、体温が38度を超えることがあり、心拍数が1分間に90を超え、呼吸数が1分間に20以上、また白血球数が12000以上、または4000未満などにあてはまる場合には全身性炎症反応症候群の可能性がありますので、お医者さんの診断をすぐに受けましょう。さらに意味不明の言動がみられたり、特に肺の機能不全、胃潰瘍からの出血を起こすといった、多臓器不全の兆候が現れると大変危険です。

 

低温やけどによる感染症を防ぐためにも、傷口・やけどの患部は清潔に保つ必要があります。そのため滅菌ガーゼなどで患部をしっかり覆うことが重要なのです。

 

まとめ

 

低温やけどといっても、皮膚に対しては通常のやけどと同じように皮膚を破壊しているので、そこから細菌に感染し、全身性炎症反応症候群になる可能性があります。さらに悪化すれば多臓器不全となり命の危険も出てきますので、低温やけどといえども注意することが大変重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/03/01-034002.php?category=212)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけど(熱傷)に関する記事

低温やけどにならない湯たんぽの使い方

低温やけどが増える冬場。その原因の多くを占めるのが、身近で手軽な「湯たんぽ」...

皮膚の深い部分までやけどが達している?低温やけどの対処

低温やけどになってしまったら、どんな処置をすればよいのでしょう?そしてどんな...


低温やけどの危険性は、どんなところに潜んでいるの?

  低温やけどの原因となるのは、身近な「あったかグッズ」。正しく使えば暖か...

低温やけどが治るまでにかかる時間は?

気が付かないうちにうっかりできてしまうことのある低温やけど。治るまでにはどの...

カラダノートひろば

低温やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る