カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 歯の数って何本が普通?多い・少ないのは異常?病気?

気になる病気・症状

歯の数って何本が普通?多い・少ないのは異常?病気?

自分の歯の数をじっくり数えたことがあるという方は少ないかもしれません。普段の歯磨きのときや洗顔の時に前歯を見ることはあってもじっくりと自分の歯を見る機会はそうそうありませんよね。

歯の本数は何本が適切なのか、多かったり少なかったりする人はいるのかと疑問を持つ方もいるはずです。

歯の本数は乳歯の場合20本、永久歯の場合32本となっていますが、足りない・多いことはあるのでしょうか?

 

●歯の本数が多い・少ないのはよくあること

学校などでは大人の歯の本数は32本と教えられますが実際には歯の本数が32本より多かったり、32本より少ないのはよくあることです。どちらかといえば歯の本数が少ない人の方が多いと言われており、歯の本数が多いケースは男性にみられやすいこともわかっています。

日本小児歯科学会によれば10人に1人が先天的に歯の本数が少ないことが発表され、中でも前歯の側切歯や第二小臼歯などが欠如している方が多いということも判明しました。

 

●バランスが悪ければ矯正治療を

歯の本数が多かったり少なかったりしても特に影響がなく普段通りに生活できているのであれば気にする必要はありません。きちんと機能している歯なら問題ないため、治療は必要ありません。

しかし、歯の本数が多い・少ないことによって歯のかみ合わせが悪くなっていたり上手に磨けない部分が出てきて虫歯を引き起こしやすくなっているなどの問題があれば適切な治療を行います。

 

歯のかみ合わせや歯並びに関しては歯科矯正治療が用いられますが、歯科矯正治療は子供でも1年以上はかかる治療で金銭的な負担が大きいという問題も抱えているので、その点は理解したうえで治療に臨んでください。

 

歯の本数は、10人に1人くらいの割合で、歯の本数が先天的に少ない人もいることも明らかとなっています。

生活に影響がなければ病院の受診は歯の健康診断のときのみで、ほかは普段通りに過ごしても問題ありませんが、異常を感じる時は歯医者さんに相談してみましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/26-370399.php]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

歯が痛くて熱が出る理由と対策

歯の痛みと熱は一見関係ないように見えますが実は歯の痛みと熱を同時に体験してい...

歯茎が痛い!歯周病と虫歯以外に考えられる4つの原因

歯茎が痛くなる病気といえば歯周病と虫歯がその代表です。特に歯周病は歯周組織全体...


歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓が...

麻酔の後に具合が悪い…歯医者の麻酔に副作用はあるの?

  全身麻酔というのは体験したことがあるという人は案外少ないかもしれません...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る