カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯周病治療は肝機能まで改善させることが明らかに!再生療法や最新の治療法も

気になる病気・症状

歯周病治療は肝機能まで改善させることが明らかに!再生療法や最新の治療法も

歯周病治療は長く時間がかかる場合が一般的ですが、歯の健康のためには致し方ない、これで歯が健康になるならと思って通っている方も多いと思います。実は歯周病の治療によって健康になるのは歯だけではないのです。

 

●歯周病と心臓病・脳卒中

歯周病の研究や啓発活動を行っている特定非営利活動法人の日本臨床歯周病学会は歯周病と心臓疾患や脳血管疾患には関わりがあるとしています。

ドロドロの血液に血栓が出来たりして血管の中を栄養が正しく回らず引き起こされる動脈硬化と歯周病には関連性があるという発表で、歯周病の原因菌が動脈硬化を誘導する物質の分泌刺激を行っていることがわかりました。

 

●歯周病と肝機能

心臓病や脳卒中に続いて歯周病との関連性が明らかになったのが肝機能です。こちらの研究は横浜市立大学、大阪大学などの共同研究チームが行ったのですが非アルコール性(アルコールによるものではないという意味)脂肪肝炎の患者はそうでない人に比べると4倍以上も歯周病菌保有率が高いという研究でした。

そして、非アルコール性脂肪肝炎の患者の歯周病治療を行ったところ、3ヶ月で平均的に肝機能数値が改善することも分かったのです。このことから歯周病治療は肝機能改善にも役立つと言えるでしょう。

 

●健康な人の肝機能改善に役立つかは不明

今回の研究は非アルコール性脂肪肝炎の患者を対象にして行われました。ですので健康ではあるけれど肝機能が少し落ちているという程度の人の場合にどれくらい歯周病治療の肝機能改善効果があるかはわかっていません。

あくまでも元々非アルコール性脂肪肝炎を持っている人の場合の結果であるということを覚えておきましょう。

 

歯周病の治療は非アルコール性脂肪肝炎の患者においては肝機能改善にも役立つことがわかりました。歯周病との関連性は肝臓病だけではなく心臓病でも指摘されています。

 

驚きの歯周病最新治療!最短1日で終了するペリオド治療とは?

従来の歯周病治療といえばある意味では対症療法的な側面がありました。虫歯を発見したら削ってかぶせ物をしたり、神経にまで達していたら神経を抜いて治療したりといった感じです。

肝心な歯周病予防や虫歯予防は病院で専門的な予防法を行うというよりは個人で行う口腔ケアや歯磨きに任されていた部分が多いのですが、そんな歯周病にも予防的な治療で最新治療があります。それがペリオド治療と呼ばれるものです。

 

ペリオド治療とは

ペリオド治療は、超音波スケーラーやアミノ酸パウダー、レーザーなどの歯周病治療専用を組み合わせて使用することで細菌を徹底的に除去し、歯周病を治療する方法です。

 

ペリオド治療は時間がかからない

歯周病の治療の場合、初期の歯周病であっても数か月は治療期間が必要というのが従来の定説でした。ですがペリオド治療の場合、初期の歯周病なら最短1日で歯周病の治療が終了してしまうのです。そのため、時間がないという方にはおすすめの治療法といえるでしょう。

 

ペリオド治療の費用

ぺリオド治療は、歯周病の重症度によって治療費が異なります。

 

・軽度から中程度の歯周病の場合

基本治療費15,000円+(¥6,000×歯の本数)

 

・中程度以上から重度の歯周病の場合

基本治療費30,000円+(¥10,000×歯の本数)

 

ぺリオド治療は保険適用外なので治療費は高額になりますが、本来数カ月かけて治療しなければならない歯周病治療が最短1日で効果が得られる、ダメージや痛みを最小限に抑えられる、歯周病を確実に完治できる、再発のリスクを抑えられるなどメリットがとても大きいので、一度ぺリオド治療について検討してみるのもいいかもしれません。

(参照元:東京国際クリニック  http://www.period.tokyo/period/ )

 

最先端の歯周病の治療は「再生療法」、骨を再生して進行した歯周病を治す!

歯周病というのは歯を支えている骨が溶けてしまう病気のことです。歯槽膿漏という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これは歯周病の以前の言い方で、今は歯周病という呼び方が一般的になりました。痛みなどの自覚症状がほとんどない歯周病は、35歳以上の8割が生じているとも言われています。

 

最先端の歯周病治療は「再生療法」

軽い歯周病であれば、歯周病を生じている場所の周辺を清潔に保つことで治せます。しかし歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、破壊された組織を回復させる手術が必要です。その方法が再生療法です。

 

歯周組織の再生療法には以下のようなものがあります。

 

・GTR(Guided Tissue Regeneration)法

これは、骨が消失した部分に医療用の皮膜を設置し、骨を再生させる方法です。

この治療には、歯肉の下に皮膜を挟んで縫合する手術が必要です。しかし欧米人に比べて歯肉が薄いアジア人の場合、手術が難しく、術後のトラブルも比較的多くなります。

 

・エムドゲイン法

エムドゲインというのは商品の名前で、一般名はエナメルマトリックスデリバティブというたんぱく質の一種です。この方法は歯が生えてくるときと同じ環境を作りだし、再度骨を歯の周辺に呼び込むことで、歯を再生させます。

具体的な手術は、歯茎を切開し、歯の表面を徹底的にきれいにします。そして酸処理をしてからエムドゲインを塗布し、縫合しておしまいです。

 

・骨移植

歯周病で失われた骨の部位に、人工骨や自家骨(自身の骨)を移植し、骨の再生をはかる方法です。

手術は、自家骨の場合は麻酔後に他の場所(あごなど)から骨を採取し、採取した骨を欠損している部分に補填し、膜をおいて縫合して行われます。

 

 

いずれの場合も歯肉を切って骨を露出させて行う治療です。これらの治療は先述のように難しいケースもありますし、治療の成功には、日々のプラークコントロールの精度も大きく関係してきます。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/08/29-349501.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

虫歯で頭痛…もしかしたら脳静脈血栓症かも?歯科医が治療してくれない理由!?乳歯が虫歯に!抜く?抜かない?

虫歯のときは頭痛がひどいという方もいるかもしれません。虫歯治療中の頭痛の多く...

ツルツル、ピカピカ!話題の重曹歯磨きのやり方と注意点

  今Twitterなどで話題になっているのが重曹歯磨きです。普通の歯磨き...


歯茎に膿がたまったとき 歯肉炎の治療法と時間・料金や改善のためのハミガキなど

歯茎に膿が溜まったときには自分で出すことはお勧めしません。自分で膿を出そうと...

親知らずで知っておきたいこと~抜歯の痛みの原因やケア、治療法や費用まで

親知らずは、生える人もいれば生えない人もおり、生えたとしても周囲の歯周組織や...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る